JCBを名乗る「JCBカードご利用内容の確認のお願い」にご注意を

JCBを名乗る「JCBカードご利用内容の確認のお願い」にご注意を

Pocket

JCBを名乗る不審なメールが出回っています

今回はJCBを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「JCBカードご利用内容の確認のお願い」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:JCBカードご利用内容の確認のお願い

=====================================================

本メールはJCBカードのご利用にあたっての、大切なご連絡事項です。

そのため、「JCBからのお知らせメール配信」を「希望したい」に設定しているお客様へもお送りしています。

=====================================================

いつもJCBカードをご利用いただきありがとうございます。

 

このたび、JCBの不正検知システムにおいて、

お客様がお持ちのJCBカードが第三者により不正使用された可能性を検知しましたので、ご連絡を差し上げます。

 

つきましては、お客様に対応いただきたい事項があります。

お客様ごとに対応方法が異なりますので、次の対応手順をご確認ください。

【対応手順】

(1)カードに登録している携帯電話番号へ認証コードが記載されたSMSが届いているお客様

 

SMSに記載のURL(もしくはSMS記載の方法でカードサイト検索)へアクセスいただき、回答をお願いします。

※個人情報の入力はありません。

 

(2)カード登録している携帯番号へ認証コードが記載されたSMSが届いていないお客様

 

お手数おかけしますが、下の【お問い合わせ窓口】まで、ご連絡ください。

リンク

※システム都合により、本メールとSMSの送信される順番は前後します。

なお、ご契約いただいているカードについては、第三者による不正使用の可能性がありますので、カードのご利用を一時的に停止させていただいており、もしくは今後停止させていただく場合があります。

 

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、

何卒ご理解賜りたくお願い申しあげます。

 

また、本メールとあわせて、弊社へご登録いただいている連絡先に、

カードのご利用状況を確認するためのお電話w差し上げることもございます。

Copyright © JCB Co., Ltd. All rights reserved

転記終了



怪しいポイント① JCBのサービスを利用していない

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はJCBのサービスを利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしたことがないといことです。

利用登録をしたことがないということは、メールアドレスの登録をしたことがありません。

ではこのメールアドレスをどこで知ったんでしょうかね?

そんなことも怪しく感じるポイントの一つとなりました。

 

怪しいポイント② カードがないのに不正利用されたという内容

怪しポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文を見てみると、カードが不正利用されたとあります。

JCBのカードなんて持っていませんけどね・・・。

存在しないカードを不正使用されたということですが、どうやって使えるんでしょうかねぇ。

カードが物理的に存在していないので、不正利用なんてできるはずもないのに。

怪しいポイントの2点目は、こうした物理的にあり得ない内容ということになります。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されているリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、リンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいと思われるポイントになります。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.物理的にあり得な内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しい内容となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です