Amazonを名乗る「【アマゾン 株式会社】アカウントのステータスを確認してください」にご注意を

Amazonを名乗る「【アマゾン 株式会社】アカウントのステータスを確認してください」にご注意を

Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【アマゾン 株式会社】アカウントのステータスを確認してください」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは、メール本文です。

転記開始

サイトは2021-06-11にメンテナンスされます。その時点で情報が不完全なアカウントは正常に使用できない可能性がありますので、アカウント情報を追加してください

リンク

■発行者■
アマゾン 株式会社

転記終了

 

怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはメールの怪しいポイントについてみていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスは、Amazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスに、こうしてメールが送られてくることはおかしいですよね。

その間、本物のAmazonからは登録しているメールアドレス宛にメールが送られてきています。

これが本物のAmazonだとしたら、どうやってメールアドレスを入手したのか聞いてみたいものです。



怪しいポイント② 異様に短い本文

怪しいポイントの2つ目として、メール本文に目を向けたいと思います。

まず驚くのが本文の短さ。

今までいろんなメールを見てきましたが、ここまで短いのも稀です。

雑と言いますか何と言いますか・・・。

内容を見てみても、メンテナンスをするのでアカウント情報を追加してくださいとなっています。

なんでメンテナンスにアカウント情報が関係あるんだよ・・・とツッコミたくなってしまうような内容となっていました。

 

怪しいポイント③ リンク先URLが公式のものと違う

怪しいポイントの3つ目として、リンク先URLに注目したいと思います。

サイトのURLというのは、世界に二つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、URLまでコピーすることはできないのです。

そこで比較してみることに。

するとリンク先URLとAmazon公式のURLが全然違っていることが判明。

これはもう偽物と断言してしまってもいいくらいですね。



怪しいポイントまとめ

それでは、怪しいポイントをまとめてみたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.メール本文が支離滅裂

3.リンク先URLが公式のURLと違う

以上3点、どれをとっても怪しいなあと思うポイントでした!

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です