rffvofeqccを名乗る不審な無題メールのご注意を!

注意喚起
Pocket

rffvofeqccを名乗る不審なメールが出回っています

今回はrffvofeqccを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「無題」でありました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:無題

アカウント停止のお知らせ

第三者からのログインの可能性があり一時的にあなたのアカウントを停止しました。

お手数ですがアカウントを維持するために下記のリンクからご本人様確認をお願いいたします。

ご本人様確認後すぐにアカウントは再開されます。

ご本人様確認はこちらから

amazon.co.jp  カスタマーサービス

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

しかも今回のメール、Amazonであることを本文の一番最後で名乗っています。

また、送り主の名前がAmazonになっていません。

最初どこから送られてきたのかよくわからないメールだったんですよね。

これは本物のAmazonではあり得ない・・・。

そしてもう一つ、本物のAmazonからは登録しているメールアドレス宛にメールが送られてきています。

これは明らかにおかしい状況であります。

 

怪しいポイント② アカウント停止の知らせという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文では「アカウント停止のお知らせ」としてアカウントが停止されたことを案内してきました。

アカウントが停止されたということは、ログインもできず利用できない状況ということなのでしょう。

そこで!

このメールの内容が事実かどうかを確認するため、Amazon公式サイトからログインしてみることにしました。

すると無事ログインできました。

色々機能を使ってみますが、どれも制限されている様子はなくちゃんと利用できます。

怪しいポイントの2点目は、メールに書かれている事実が確認できない。

ということになりました。




怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいポイントということになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3点ありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.メールに書かれている事実が確認できない

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントと言えますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました