エポスカードを名乗る「【重要なお知らせ】エポスNet ID 必要の再アクティブ化リクエスト」にご注意を

エポスカードを名乗る「【重要なお知らせ】エポスNet ID 必要の再アクティブ化リクエスト」にご注意を

Pocket

エポスカードを名乗る不審なメールが出回っています

エポスカードを名乗る不審なメールを受信したので、公開したいと思います。

件名は「【重要なお知らせ】エポスNet ID 必要の再アクティブ化リクエスト」となっていました。

こちらは怪しいメールとなっているので、ご注意ください。

 

メール本文

では、早速メール本文を見ていくことにしましょう。

転記開始

件名:【重要なお知らせ】エポスNet ID 必要の再アクティブ化リクエスト

いつも弊社カードをご利用いただきありがとうございます。

昨今の第三者不正利用の急増に伴い、弊社では「不正利用監視システム」を導入し、24時間365日体制でカードのご利用に対するモニタリングを行っております。

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

■ご利用はこちらから

リンク

━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者■

株式会社 エポスカード
東京都中野区中野4-3-2
リンク

──────────────────────────────────

転記終了



怪しいポイント① エポスカードを持っていない

それでは、ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はエポスカードを持っていません。

今回このカードの一部制限をしたということでメールが来ているのですが、持ってもいないカードをどうやって制限掛けたんでしょうかね?

困ったものです。

持っていないものに対して制限を掛けるという謎メール。

怪しさ満点ですね。

私はカード自体持っていないし登録もしていないので、どうしようもありません。

 

怪しいポイント② リンク先URLが本物と違う

ちょっと視点を変えまして。

メール本文にリンクが貼られていたので、そのリンク先のURLアドレスを確認してみることに。

すると、このアドレスが本物と違うことがわかりました。

「card」という部分が「carb」となっています。

似たようなアルファベットを使い、誤認させようという思惑が見え隠れしてきますね。

これが怪しいポイントの2つ目。

いくら本物を装っても、URLだけは同じものを使うわけにはいきません。

公式サイトをハッキングでもしない限り・・・。

 

リンクはたどらない!

この手のメールは、リンク先に誘導してそこでパスワードなどを搾取するのが目的です。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことが自己防衛になるんですね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはたどらないように気を付けたいものです。

ご注意くださいませ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です