エポスNetを名乗る「EPOSカードの利用が一時停止されました。」にご注意を

エポスNetメール 注意喚起

エポスNetを名乗る不審なメールが出回っています

今回はエポスNetを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「EPOSカードの利用が一時停止されました。」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を似ていきたいと思います。

エポスNetメール

転記開始

件名:EPOSカードの利用が一時停止されました。

日頃よりエポスカードをご愛顧賜り誠にありがとうございます。

 

エポスNetでは、会員皆さまのカードご利用内容について、第三者による不正利用が発生していないかどうかのモニタリングを行っております。 本メールは、現在お客様がお持ちのクレジットカードのご利用内容について、第三者により不正利用された可能性が高いと、弊社の不正利用検知システムにより判断いたしましたので、緊急でお送りさせていただいております。 カードのご利用内容について、至急確認したいことがございますので、下記リンクをアクセスし、ご確認をいただきますようお願いいたします。

アカウントのご利用確認のお知らせについてはこちら (リンク)

 

 

※なお、ご契約のカードは、第三者による不正使用の可能性が高いため、既にカードのご利用を一旦停止する対応をとらせていただいております。 ご不便とご心配をお掛けしますが、何とぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。

※このメールは、エポスNetにご登録されたかたへ送信させていただいております。 本件にお心当たりがないかたは、お手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。 エポスカスタマーセンター(9:30~18:00)  東京 03-3383-0101 ─────────────────────────────── ─── 株式会社 エポスカード 東京都中野区中野4-3-2

転記終了



怪しいポイント① エポスNetのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私はエポスNetのサービスを利用していません。

利用していないサービスからこうしてメールが送られてきているんですよね~。

これはおかしな話。

利用していないのですから、メールが送られてくるいわれがないんですよね。

営業メールならまだしも、内容を見てみるとそんな内容でもありません。

サービスを利用していないということは、利用登録をしていないということ。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていません。

ではなぜ先方はメールアドレスを知っているのか?

そんな問題にもなってきますね。

これはこれで気持ち悪く、怪しく感じるポイントにもなります。

そもそも教えたことがないメールアドレスを知っているということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

今回はカード会社ということですが、信用第一のカード会社がこうした方法でメールアドレスを取得するとは思えません。

まず最初の怪しいポイントは、こうした内容となりました。

 

怪しいポイント② 存在しないカードが不正利用されたという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見てみたいと思います。

メール本文を見てみると、こんな記述がありました。

「本メールは、現在お客様がお持ちのクレジットカードのご利用内容について、第三者により不正利用された可能性が高いと、弊社の不正利用検知システムにより判断いたしましたので、緊急でお送りさせていただいております。」

クレジットカードが不正利用された。

そんなことが書かれていました。

しかしこれはあり得ない話なんですよね。

上でも書きましたが、私はエポスNetのサービスを利用していません。

これはクレジットカードを作ったことがないということを意味しており、物理的にこの世界にクレジットカードが存在していないのです。

そんな存在しないカードが不正利用されたと言っているんですよね。

存在しないものをどうやって使うのでしょうか?

これはあり得ない話。

怪しいポイントの2点目は、物理的にあり得ない内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この仕様を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が入っているでしょうからね。

2つのURLを比較してみたところ、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.存在しないカードが不正利用されたというメール内容だった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント