独裁者になれるゲーム「トロピコ5」(スクウェア・エニックス)

シミュレーション
トロピコ5_20170902110035
Pocket

トロピコ5

今回はゲームのお話を一つ。

スクウェア・エニックスからちょっと変わった面白いゲームシリーズが出ておりましてね。

自分が独裁者の大統領となり国を運営するというゲーム!

トロピコ5!!

これがねぇ、中々面白いゲームになっておりまして(笑)

自分が独裁者になりゲームをしていくのですが、国の方策は全部自分が決めていくことになります。

他国と貿易したり、憲法を制定したり、選挙をしたり・・・

様々な行動を決めることができ、うまく国を運営していくことがこのゲームの目的となっています。

自身の決断により、国の行く末を決める。

そんなゲームとなっています。

 

ゲーム概要

タイトル:トロピコ5

ジャンル:シミュレーション

対応機種:PS4、Xbox 360、Xbox One、Windows、OS X、Linux

メーカー:スクウェア・エニックス

人  数:1~4名

発  売:2015年4月23日

 

私はプレステ4でプレイしてみたゲームです。

最近はプレステでもパソコンでもプレイできるようにするゲームも増えてきていますよね。

2015年のソフトということなので、6年前の作品となりますね~。



国主として国を発展させる

このゲームでは、プレイヤーは国を治める国主となります。

国に産業を興し、国民を養い、国を発展させる。

それがこのゲームの目的となります。

まずは一次産業から始まりましてね。

農業をしながら、それを国内で消費したり、他国と貿易して自国では作れないものと交換したり。

国を発展させつつ、国民の幸福度を上げていくのも大事な仕事です。

国民の反感を買うような行為もできるのですが、そうしていると暴動が起きたりして、みんながプレイヤーの元にやってきて武力行使になるという展開も・・・。

独裁者になれるのですが、国民たちにも意志があり、暴動を起こすような展開も待っているのです。

 

年を経るごとに代わる産業

最初は一次産業ばかりですが、文明が進んでいくと様々なものが建設できるようになります。

工業国になる、産業国になる、観光国になる。

国の未来の姿を決めるのも、独裁者であるプレイヤー次第!

特産品を特化して作ってみても面白いプレイができます。

マップ自体はそんなに広くないので、そこがちょっと残念なところですかね。

住民も上限が決まっているようで、ある一定数に達するとそれ以上増えなくなってしまう仕様になっています。



憲法も制定できる!

憲法も自由にプレイヤーが制定することができるようになっています。

選挙をする民主主義もできますし、選挙のない閉鎖的な国にすることもできる。

また、賄賂も使うことができ、悪事を働くこともできるようになっています。

国民を海外追放できたりね。

もうめちゃくちゃなプレイをしようと思えば、かなり無茶苦茶な運営をすることも可能!

この辺り、このゲームの自由度の高さを物語っていると思います。

 

近代的な超高層ビル

国が発展してくれば、近代的な超高層ビルも建設できるようになります。

ここまで来ると、かなり発展した国だなあと感じてきますね。

基本的には街を作っていくシムシティなどのゲームと同じような感覚。

しかし、そこに独裁者というエッセンスを加え、国民との人間関係も楽しむという要素が独特なシステムとなっています。

これがまあ中々楽しいのですよ(笑)

どんな国にするかは自分次第!

そんなゲームです。

 

メーカーはスクウェア・エニックス!

トロピコはシリーズものとなっており、現在では最新のトロピコ6が販売中となっています。

こちらもプレイしたいなあとは思っているのですが、まだプレイできておりませんorz

購入したらまたレビューしたいと思いますね。

尚、トロピコシリーズを手掛けているメーカーは、スクウェア・エニックスとなっています。

スクウェア・エニックスと言えば、ファイナルファンタジーシリーズや、ドラゴンクエストシリーズなど国民的ゲームを多数輩出しているメーカー。

ヒットメーカーのゲーム会社が作ったゲームでもありますし、安心してプレイすることができますね!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました