すき家の牛丼を食らう!(すき家)

和食
Pocket

外食

一人暮らしをしていると、ささやかな楽しみというものがありまして。

ほんの小さなことに楽しみを感じたりなんてこともあります(笑)

日々の暮らしを全部ひとりでする一人暮らしですから、こうした息抜きや楽しみを見つけながら生活していくのも大事なことなのかなと思います。

そんな楽しみの一つがたまにする「外食」だったりして。

基本自炊している方も多いと思う一人暮らし。

外食ばかりしているとお金が掛って仕方ありませんからね。

経済的にも自炊した方がお金はかかりません。

ただ、毎日毎日自炊するというのもこれまた大変なことで・・・。

たまには外食もいいものです。

 

すき家

そんな外食をしようと、今回やって参りましたのは

すき家!

であります。

ご存じ牛丼チェーン店の1つありますね。

すき家吉野家松屋を牛丼御三家なんて呼んだりもしますが、その中でも最も好きなのがこちらのすき家。

すき家の特徴として、他店舗よりも先駆けてカレーを導入していたり、牛丼一つとってもメニューが豊富な点が挙げられます。

牛丼に様々なトッピングをすることで、バリエーションを増やしているんですよね~。

リピーターを飽きさせない、そんなお店でもあるのかなと思います。



牛丼を食らう!

さて、今回はそのすき家で最もスタンダードな「牛丼」を頂いていこうと思います。

牛丼屋さんといえば、やっぱり牛丼!

牛肉、玉ねぎといったシンプルな具材で彩られる牛丼。

これがすき家のスタンダードであるともいえますね。

丼ものとなっているので、これらの具材の下にはたっぷりのご飯も入っています。

さすが牛丼!

やっぱりこうでなくてはね(笑)

お肉と共に煮込まれた玉ねぎには甘さもあり非常に味が染みていておいしい。

お肉はもちろんですが、玉ねぎも美味しくいただけるのが牛丼の良さの一つだと思っています。

玉ねぎは熱を通すと甘みがでますからね~。

こうして改めてみると・・・玉ねぎも結構入っていますよね。

お肉と同じくらいあるんじゃね?と思ってしまうくらい大量です。

さて、こうして牛丼だけで頂いてみたもいいのですが!

テーブルを見てみると調味料も用意されています。

牛丼といえば紅ショウガ!というくらい定番となっている紅ショウガ、そしてもう一つ唐辛子。

いずれもテイクアウトでは袋タイプのものが提供されますが、店内では使いたい放題です(笑)

これら2つを使いまして、最終的には頂きましたね。

唐辛子を入れることでピリッとした辛味が出て味が締まります。



サイズによって違う価格

さて、美味しくいただいたすき家の牛丼。

価格も確認しておくと、それぞれサイズによって価格も変わっていました。

これもまた牛丼チェーンあるあるかもしれませんね。

ミニで330円、並盛で400円、中盛で550円、大盛で550円、特盛で700円、メガで850円。

いずれも税込での提供となっています。

以前は並盛で300円台で販売されていましたが、さすがにそれでは元が取れないのでしょう。

現在は400円での販売となっています。

とはいえ、それは税込での話。

税別ではいまだに300円台をキープしているということになりますね。

安い、早い、うまい!

そんなキャッチフレーズがありましたが、それは今も健在といってもいいと思います。

 

すき家の話題色々!

他にもすき家の話題がありますので、よかったらご覧ください~。

すき家のカレーライスを食らう!(すき家)
今回は牛丼チェーン店で知られている「すき家」でカレーライスを食べてみたお話!早い、安い、うまい!で知られる牛丼チェーン店ですが、並盛で480円(税込)という価格も中々魅力的。学生の頃からお世話になっているお店の一つとなっていますね~。



コメント

タイトルとURLをコピーしました