【やらかした話】夜中にトイレへ!寝ぼけながら踏んだのは愛犬のしっぽ( ゚Д゚)

やらかした話
Pocket

やらかした話

普段生活をしている中で、何かを失敗してしまう・・・なんてこともありますよね。

いわゆる失敗談みたいなもの。

そんなものが、生活全般であります(笑)

私は一人暮らしをしているのですが、必ずしも一人暮らしならではという事ばかりではありません。

ただ、一人暮らしならではって話もあるんですけどね。

今回はそういう話ではなく、犬を飼っている方ならしているかな?と思うような内容です。

犬を飼っていると、またいろんなことがありましてね~。

犬と共に生活をするというのも、面白いものなのですが・・・。

中にはやらかしてしまう事がありますorz

 

愛犬がいる

私は一人暮らしでありますが、実はもう一人というかもう1頭一緒に暮らしているやつがいます。

それが愛犬の黒柴。

黒柴とは黒い柴犬のことでありまして、正式な犬種としては柴犬に分類されます。

その中で特に毛色が黒いものを黒柴と呼んでいるんですね~。

いわゆる通称ってやつです。

日々散歩に行ったり、ご飯を上げたり。

時にはおやつを催促されるなんてこともありますね(笑)

一人の寂しさを、愛犬が癒してくれる。

そんな存在でもあります。

そしてこの愛犬との生活の中で・・・やらかしたお話(-_-;)



夜就寝した

ある日の夜の事。

愛犬は大抵21時ころには就寝するので、先に寝ていました。

愛犬は室内犬として、屋内で生活しています。

夜もいい時間になってきたので、私も床に就くことに・・・。

ここまではよくある日常風景の一つとなっています。

何も特別なことはない。

いつもの夜と同じ光景。

そして眠りについた私は、普通なら朝までこのまま眠るのです。

しかし、この日はちょっと様子が違いました。

眠っている途中で、夜中に起きることになってしまうのです・・・。

その理由は「トイレ」でありました。

 

トイレに行きたくなり起きてしまった

そして迎えた夜中の何時ころだったか・・・。

あんまり正確な時間は覚えていないのですが、2時か3時か4時か・・・。

それくらだったと思います。

トイレに行きたくなった私はトイレに行こうと思いむくっと起き上がりました。

このまま朝まで我慢はできないな・・・。

そんな風に思いましてね。

部屋はいつも電気を消して寝ているので真っ暗です。

真っ暗の部屋の中、トイレまで歩いていくわけでありますが・・・。

このトイレまでの大した距離ではない導線で事件が起こってしまったのですorz



愛犬のしっぽを踏む!そしてキレる愛犬!

真っ暗の部屋の中をトイレまで移動する・・・。

その途中、何かを踏んでしまいました(-_-;)

そして踏んだと同時に部屋中に響き渡る愛犬の鳴き声・・・。

それから1秒、2秒後にはズボンに噛みついてくる愛犬がいました( ゚Д゚)

踏んでしまった足の感触から、それが愛犬のしっぽであることがすぐにわかりまして(-_-;)

噛みついたのはズボンだけで、幸運にも足までは来ませんでした。

そりゃいきなりしっぽ踏まれたら、愛犬もキレるわな・・・と、愛犬を撫でながらなだめる自分がいましたorz

 

いきなりの出来事に、愛犬も何事かとパニック状態だった模様

とりあえず電気をつけ、不審者がいないということを愛犬にもわからせます。

部屋にいるのは、愛犬と私だけ。

逆に言えば犯人が分かってしまうんですけどねorz

愛犬もとりあえず不審者ではなかったことは理解したようでしたが、ちょっとひきつっているような表情が印象的でした。

「ごめんよお」と謝りながら、しばらく撫でていましたがしばらくはちょっとよそよそしい態度になってしまったという後遺症も。

信頼を回復するまでは、ちょっと時間がかかってしまいましたねぇ。

今となっては懐かしい話でもありますが、こうした失敗談も、犬を飼っているとあるものです。




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました