「アラート! 私はあなたのコンピュータをハッキングし、あなたの個人データと写真を盗みました!」というメールにご注意を

注意喚起
Pocket

「アラート! 私はあなたのコンピュータをハッキングし、あなたの個人データと写真を盗みました!」というメールが出回っています

今回は「アラート! 私はあなたのコンピュータをハッキングし、あなたの個人データと写真を盗みました!」という件名の怪しいメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:アラート! 私はあなたのコンピュータをハッキングし、あなたの個人データと写真を盗みました!

こんにちは、

お使いのコンピューターが私のリモートマルウェアに感染しました!

このメールのパスワード:yukinaka11

私はプログラマーであり、3か月前にコンピューターをハッキングしました。閲覧履歴、画面記録、連絡先、メッセージなどの情報を常に保存し続けました。

すでにあなたのことを忘れたかったのですが、最近あなたのデスクトップで何か面白いものを見ました。あなたがポルノサイトにアクセスした日の話です。ウェブカメラとデスクトップからビデオを録画することにしました。今、あなたが自慰行為をしているビデオがあります。 。 私の言っていることが分かるよね

ウェブカメラにリモート接続し、何も気付かないようにインジケーターをオフにしました。

名簿からの連絡先はすべて書き留めておきました。友人、知人、親戚からの連絡先はすべて私と一緒になります。

私はこれらすべてを忘れて、あなたのコンピュータと電子メールへのアクセスを完全に停止する準備ができています。私はこれらのビデオを送信したり、それらと一緒にすべてのアーカイブを削除したりしないことを保証します。私の財布には500ドル相当のビットコインが入っています。このメールを読んでから48時間以内です。私はまだあなたのメールとコンピューターを管理しています。そして、あなたがそれらを開いて読んだときはわかります。

メールのパスワードを変更しようとしないでください。すべてが管理されています。私に連絡してこの手紙に答えようとしないでください。私はあなたのメールアドレスから送信しました。送信者を見てください。電子メールとコンピューターを制御します。

ビットコインウォレットアドレス:
0xd7ea8c43b35ad0f77906908c274265c9d952e914

ビットコインの購入方法がわからない場合は、オンラインでビットコインの購入方法に関する情報を見つけることができます。ヘルプが必要な場合は、それに関するいくつかの記事を読むことができます。

リンク
リンク
リンク

私はあなたの行動を楽しみにしています。このデータをオンラインで、そしてすべての友達と一緒に必要としない場合は、できるだけ早く私の財布に500ドルを送ってください。その後、私はすべてのデータを消去し、あなたの人生から消えます。

私に腹を立てないでください。お金を払っても何も起こりません。

次回は、Webを閲覧する前にブラウザを更新してください。
Kon’nichiwa, lua@ cans. Zaq. Ne. Jp! Otsukai no konpyūtā ga watashi no rimōtomaruu~ea ni kansen shimashita! Kono mēru no pasuwādo: Yukinaka 11! Watashi wa puroguramādeari, 3-kagetsu mae ni konpyūtā o hakkingu shimashita. Etsuran rireki,

Localbitcoins (リンク)
Buying your first bitcoins – LocalBitcoins
Buy and sell bitcoins near you. Fast, easy and private.

転記終了



怪しいポイント① ハッキングしたという件名

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず最初に件名に注目してみますと「ハッキングしました」とあります。

いきなり犯罪宣言をしていますね(笑)

ハッキングは犯罪です。

それを堂々と宣言しています。

これは怪しい、怪しすぎますね。

堂々と犯罪宣言をしているので、普通の人ではないという予測ができます。

これが本当かどうかはまた別な話ですが・・・とりあえず気持ち悪い!

そんなことも思いますね。

まず最初の怪しいポイントは犯罪宣言をしているということになりました。

 

怪しいポイント② ハッキングされた形跡が全くない

怪しいポイントの2点目として、メールに書かれている内容に注目してみたいと思います。

件名にもありましたが、このメールでは私が使っているデバイスにハッキングしたと書かれていました。

しかし、その後パソコンの中身を確認してもハッキングされた形成が一切見当たりません。

例えば、ハッキングしたのであればファイルを生成しこのファイルは私が作って送り込んだものなので確認してみろ!

更新日時などを添えておけば、それがハッキングの証拠になるわけです。

しかし、そうしたことは一切書かれていません。

一方的にハッキングをしたというばかりで、その証拠が1つもない。

そしてされた形跡もない。

これはただメールで書いているだけという内容になっているといえそうですね。

怪しいポイントの2点目は、こうした内容となりました。



怪しいポイント③ メールのは内容が嘘

怪しいポイントの3つ目として、またしてもメール本文から。

メール本文ではこんな記述がありました。

「すでにあなたのことを忘れたかったのですが、最近あなたのデスクトップで何か面白いものを見ました。あなたがポルノサイトにアクセスした日の話です。ウェブカメラとデスクトップからビデオを録画することにしました。今、あなたが自慰行為をしているビデオがあります。 。 私の言っていることが分かるよね」

アダルトサイトを見たというくだりが書かれています。

しかし残念ながら、このデバイスでアダルトサイトを閲覧したことは一度もありません。

このメールが言っていることは明らかに嘘である。

そんなことがわかる一文となりました。

閲覧したこともないアダルトサイトの情報なんてあるわけありませんよね。

これはもう決定的に嘘であることが分かり、メールそのものの信ぴょう性もなくなったと言えるでしょう。

怪しいポイントの3点目は、メールの内容が嘘、そういうことになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.ハッキングしたという犯罪宣言をしている

2.ハッキングをしたという証拠がなく、形跡も全くない

3.メールの内容が嘘

以上3点、どれをとっても怪しい内容でありますね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました