【一人暮らし体験談】そろそろ寝ないとやばい!と思うほど眠れないorz

寝る 一人暮らし体験談

睡眠

日々の生活の中で、睡眠ってのも毎日行っているものの一つとなっていますね。

人によって長さはまちまちだと思いますが、私は平時であれば5~7時間くらいの睡眠をとっています。

毎日のことなので、日によって変わることもありますけどね。

忙しいときなんかは睡眠時間が少なくなりがち。

睡眠は人間の三大欲求の一つといわれており、睡眠をとらないと判断が鈍ったり思考力が鈍ったりといった傾向があるそうです。

故に、いい仕事をしたければ十分な睡眠をとること!なんて言われたりもしますよね。

それを大義名分に寝すぎているなんて時もありますけど(笑)

 

翌朝早いから早く寝よう!ってときもある

仕事やプライベート問わず、翌日は早く起床して出かけなければならない!

そんな日もありますよね。

仕事の場合ももちろんあるでしょうし、遊びの場合もあるでしょう。

そんな日の前の日は、早く寝て睡眠時間を確保しよう!と考えるのもあるある。

私もできるのであれば早めに就寝して、早めに起きることが多いです。

睡眠時間はきちんと確保して、寝る時間と起床時間をずらしていくってスタイル。

しかし、普段起きている時間に寝るというのは、中々難しくもありまして・・・。



寝ようと思っても寝付けない時がある!

明日は朝早いから早く寝よう・・・。

そうして床に入ったは良いものの、中々眠れないorz

うっすらと意識がある状態が続き、ふと目が覚めてしまう。

そんなときがあります(-_-;)

早く寝ないと!という気持ちが焦りを生んでいるんでしょうかね。

これがまた不思議なくらい眠れない時があるんです。

意識しすぎてしまっているのかもしれませんね~。

それに普段寝る時間ではないので、リズム的に起きている時間ってこともあるのかもしれません。

理由はその時々で違ってくるのかも。

 

一人暮らしは起こしてくれる人がいないという緊張感も

実家暮らし、家族と住んでいる。

そうした人なら、寝坊しかけても誰かが起こしてくれるかもしれません。

しかし、私のような一人暮らしをしていると、そんな期待はもちろんできません!

起きれなければそこで遅刻は確定!

誰にも邪魔されない睡眠と引き換えに、誰にも起こしてもらえないというリスクを負うことになるのです(笑)

リスクなんて大げさな表現ですけどね。

何でもかんでも全部自分に跳ね返ってくる。

これもまた一人暮らしらしいところでもあります。

眠れない原因の一つにもしかしたらこうしたプレッシャーがあるのかも?

 



コメント