【人間関係】趣味に優劣はあるのか?そもそも趣味とは何か?

人間関係
Pocket

趣味

皆さんは趣味がありますか?

私にはいくつか趣味があり、趣味をしている時間ってのは時間の流れも速くすぐに過ぎていってしまいます。

私の場合で言えば、映画鑑賞、サッカー観戦、漫画を読むといったところが趣味でしょうかね。

このブログでもその一部で映画のお話なんかを時折しています。

この趣味については、人それぞれ違うものとおもいます。

もちろん似ている人もいるでしょうけど、趣味は千差万別。

好きになるもの、楽しく感じるものはそれぞれ違い、それが人それぞれの個性ともなるわけですね。

なので違って当然と思う自分がいます。

 

とある人が人の趣味のダメだしをしていた

とある日。

とある人が、他の人の趣味に対してダメ出しをしている場面に遭遇しました。

「そんな趣味だめだ」「そんな趣味何の役に立つ!?」「キモイ」

何なんでしょうね、時々いるんですよねこうして人の趣味にケチ付ける人。

趣味とは本来「自分が好きだと思うこと」「自分が楽しいと思うこと」の事だと思うのですが、役に立つとか立たないとか。

そんなこと考えてやったら趣味じゃないじゃん・・・なんて思いました。

役に立つからやろうとかっていうのは趣味ではなくもはや仕事になってない?と思うのでありますね~。



他人に迷惑を掛けない限りは何だって良い

時々ニュースにもなっていますが、撮り鉄が暴走して電車が止まったなんて話が先日ありました。

これはね、趣味といえどいかんですよ。

他の人に多大な迷惑をかけていますからね。

ただ、そうしたことがない限り、迷惑を掛けない範囲で楽しむのであれば、それはそれで認められるべきだと思います。

自分の趣味と合わないからといって、相手のそれを否定するべきものでもない。

サッカーが好きな人もいれば、野球が好きな人もいる、卓球が好きな人もいるだろうし、バスケットボールが良いって人も・・・。

 

人を否定する人は嫌われる

昔はそれで成り立ったのかもしれませんが、今のご時世において相手を否定することはそのまま嫌われることを意味しています。

自分の趣味が至高であるという考えもわからないことではありませんが、それでも相手を否定することはしない方がいいでしょうね。

今回の話題となった言われた人は、その後めちゃくちゃキレていましてね。

「なんでそこまで言われなければならんのだ」と。

たかが趣味、されど趣味。

好きなことをやって何が悪い!

そんなところでしょう。



 

多趣味な人、趣味がない人様々

趣味にもいろいろありますが、多趣味な人、趣味がない人も一定数存在しています。

芸能人で言えば、所ジョージさんが多趣味な人として有名ですよね。

世田谷ベースという遊び場を持っていて、そこで男のロマンを追求するような遊び(趣味)を色々やられています。

一方で趣味がないなんて人もいます。

休日もずっと寝ているだけ、何もしていない。

色んな人がいるんだな~と、趣味を聞いているだけでも感じるところですね~。

 

周りからは多趣味といわれる

趣味がいくつあったら多趣味なのか?というボーダーラインは人それぞれですが、何気に多趣味だねといわれることが多い私です。

映画の話もありましたが、他にもサッカー、野球なんかを見るのも好きで、サッカーについてはプレイもしていまいたしね。

他にはゲームをこよなく愛している自分もいます(笑)

ゲームセンターへ行くことはありませんが、自宅でプレイしたりスマホでプレイしたり。

子供のころからずっとゲームをプレイしていたこともあり、これもまた趣味といえるでしょう。

読書も好きだし・・・このあたりの趣味も、少しずつこのブログでアップしているような感じです。

趣味も人それぞれ。

そんなお話でした!



コメント

タイトルとURLをコピーしました