JRE-POINTを名乗る「【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください」にご注意を

注意喚起
Pocket

JRE-POINTを名乗る不審なメールが出回っています

今回はJRE-POINTを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【えきねっと】重要なお知らせはタイムリーに処理してください

重要なお知らせ:

【えきねっと】お客様のアカウントが第三者による不正使用に関与し、サイバー犯罪者によるマネーロンダリングの不正行為に関与していることを当社が確認した後、アカウントは制限されました。12時間以内に関連情報を確認するには、以下のリンクをクリックしてください。期限がある場合は注意してください。を超えた場合は、司法当局にアカウント情報を整理します。ご不便をおかけして申し訳ございません。
————–

 

【確認された情報】(リンク)

——————–

お問い合わせ先
えきねっとサポートセンター
TEL 050-2016-5000
受付時間 800分~2200
サイト運営・管理
JR
東日本ネットステーション
——————–

このメールは「えきねっと」より自動配信されています。
返信いただきましても対応致しかねますので、あらかじめご了承ください。

お心当たりのない方は、誠に恐れ入りますがこのメールの削除をお願いいたします。
ご不明な点のある方は、えきねっとサポートセンターまでご連絡ください。

転記終了



怪しいポイント① えきねっとサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はえきねっとのサービスを一切利用していません。

サービスを利用していないということは、利用登録をしていないということ。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていないということです。

ではなぜ、送り主はメールアドレスをしっているんでしょうかね?

そんなことも気持ち悪く感じると共に、怪しいなと感じるポイントになりました。

 

怪しいポイント② 存在しないアカウントを制限したという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文ではこんな記述がありました。

アカウントは制限されました。

どうやらアカウントが制限されて利用がいつも通りできないということのようです。

がしかし・・・これはアカウントを持っている人の話でありまして。

私はサービスそのものを利用していないので、アカウントを持っていません。

存在していないんですよね、アカウントが。

そんな存在していないアカウントに対し、制限したとはいったいどういうことでしょうか。

存在しないアカウントに対し制限したとはいったいどうやってやったのか、そして何の意味があるのか。

謎すぎるメール内容となっていました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLが違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいと言えるポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3点ありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.存在しないアカウントを制限したというあり得ない内容だった

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていました。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました