Rakutenを名乗る「[重要なお知らせ]急ぎの業務がありますのでご注意ください。」にご注意を

注意喚起
Pocket

Rakutenを名乗る不審なメールが出回っています

今回はRakutenを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「[重要なお知らせ]急ぎの業務がありますのでご注意ください。」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:[重要なお知らせ]急ぎの業務がありますのでご注意ください。

Rakutenお客様

残念ながら、あなたのアカウント を更新できませんでした。これは、カードが期限切れになったか。
請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

今アカウントを確認できます。

楽天ログイン(リンク)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(01)-50-5820-6680までお電話ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Rakuten,Inc.

転記終了



怪しいポイント① 楽天のサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私は楽天のサービスを利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしたことがないということです。

利用登録をしたことがないということは、メールアドレスを登録していないということ。

ではなぜこの送り主はメールアドレスを知っているのでしょうか。

そんなことも怪しく感じると共に、気持ち悪さも感じるポイントになりました。

 

怪しいポイント② アカウントがないのにアカウントをロックするという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文では「なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。 」と書かれています。

アカウントが停止されてしまう。

そんな内容ですね。

しかし、私は楽天のサービスを利用していないので、そのアカウントが存在していません。

存在しないアカウントをロックする事なんてできるのでしょうか。

できたとして、それにどんな意味があるのか疑問が残るところですね。

怪しいポイントの2点目は、物理的にあり得ない内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLは世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、メールに貼付されているリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っておりまして。

これは決定的に怪しいポイントということになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.アカウントがないのにアカウントをロックするという内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれを見ても怪しいポイントと言えますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました