etc-meisaiを名乗る「E T Cサービスのお知らせ」にご注意を!

etc-meisaiを名乗る「E T Cサービスのお知らせ」にご注意を!

Pocket

etc-meisaiを名乗る不審なメールが出回っています

今回はetc-meisaiを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「E T Cサービスのお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:E T Cサービスのお知らせ

メールアドレス様

E T Cサービスをご利用いただきありがとうございます

E T Cサービスは無効になりました。
引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。

ご変更はこちらから(リンク)

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。

注意事項
━━━━━━━
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします
本メールは、重要なお知らせとしてメールの配信を希望されていないお客さまにもお送りさせていただいております。何卒ご了承ください。
このメールに心当たりのないかたは、恐れ入りますがETCウェブサイトよりお問い合わせください。
━━━━━━━
発行者
━━━━━━━
ETC利用照会サービス事務局
East Nippon Expressway Company Limited,
Metropolitan Expressway Company Limited,
Central Nippon Expressway Company Limited

転記終了



怪しいポイント① ETC利用照会サービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はETC利用照会サービスを利用していません。

利用していないサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

利用していないということは、利用登録をしたことがないということ。

利用登録をしたことがないということは、メールアドレスを登録したことがないということです。

ではなぜ、メールアドレスを知っているのでしょうか?

これも怪しいポイントと言えますね。

 

怪しいポイント② メールの内容が嘘

怪しいポイントの2点目として、メールの内容に目を向けてみたいと思います。

メール本文にはこんな記述がありました。

「E T Cサービスは無効になりました。」

どうやらETCサービスが利用できなくなったそうです。

では・・・ということで、ETCを利用してみることに。

するとこれが見事に使えましてね(笑)

なんだ嘘じゃんということで、怪しいポイントの2点目はメールの内容が嘘ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに目を向けたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこでメールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っていることが判明。

これはもう決定的ともいえる内容となりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

怪しいポイントは全部で3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.メールの内容が嘘だった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点どれをとっても本物ではあり得ないような内容となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です