JVAグループを名乗る「異常な支払い額の通知 【VpassClub通信】」にご注意を

JVAグループを名乗る「異常な支払い額の通知 【VpassClub通信】」にご注意を

Pocket

JVAグループを名乗る不審なメールが出回っています

今回はJVAグループを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「異常な支払い額の通知 【VpassClub通信】」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:異常な支払い額の通知 【VpassClub通信】

弊社カードをご利用いただきありがとうございます。
お支払日とお支払金額のご確認をお願い申し上げます。

Vpassアプリ、または下記URLからVpassにログインのうえ、ご利用明細をご確認ください。

▼Vpassログインはこちらから

リンク

【ご注意事項】
※お手持ちのカードがワールドプレゼントのポイント対象外カードの場合は、
本サービスのご利用対象外となります。

※スマートフォン版ポイントUPモールへの掲載がないショップサイトや
サービスにつきましては、パソコン版ポイントUPモールからご利用ください。

===================================
お問い合わせ先・・・

リンク

からお手持ちのカードを選択し、画面右上の「お問い合わせ」より
お問い合わせください。
※送信元「magazine@contact.vpass.ne.jp」は送信専用です。

メール配信を止めるには・・・
登録メールアドレスを変更するには・・・

リンク

からお手持ちのカードを選択し、Vpassへログイン後、
「登録内容の照会・変更」内の「Vpass情報照会・変更・各種登録解除」より
お手続きください。

ID・パスワードをお忘れの場合は・・・

リンク

からお手持ちのカードを選択し、「ログインができない方」より
お手続きください。

お心当たりのないメールが届いた場合は・・・
誤ってメールアドレスを登録されたため、カード会員様以外の方に
メールマガジンが届いてしまうケースが稀にございます。
お心当たりのないメールが届いた場合は、配信停止の手続きをとらせて
いただきます。大変お手数ではございますが、上記お問い合わせ先に
ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

===================================
■送信者
VJA 株式会社
〒135-0061 東京都江東区豊洲2-2-31 SMBC豊洲ビル

※VJAは全国の主な銀行・金融機関系カード会社で組織するVisaカード発行
企業連合です。VJAの詳細は下記URLよりご確認ください。

リンク

※VJAグループ加盟のVpassClub通信(ポイントUPモール専用号)配信対象会社は
下記URLよりご参照ください。

リンク

転記終了



怪しいポイント① 利用していないサービスのメール

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はVJAグループのサービスを利用していません。

Vpassにしてもしかり。

利用していないということは、利用登録をしたことがないということです。

ということは、メールアドレスの登録もしていない。

ではなぜメールアドレスを知っているんでしょうかね?

そんなことも疑問に思うメールです。

 

怪しいポイント② アカウントがないのにログインして明細を確認というあり得ない内容

怪しいポイント2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文にはこんな記述があります。

「Vpassアプリ、または下記URLからVpassにログインのうえ、ご利用明細をご確認ください。」

ええっと、アカウントないのですが?

アカウントがないので、ログインももちろんできませんし、明細の確認もできません。

アカウントがないわけですからね。

物理的にあり得ない内容、それが怪しいポイントの2点目です。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3つ目として、メールに貼付されているリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、URLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで貼付されているリンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが全く違っていることが判明。

これはもう偽物と言っても過言ではないでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入ります。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.物理的にあり得ない内容のメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

どれをとっても本物ではあり得ない内容かなと思います。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です