楽天市場を名乗る「[楽天] 会員情報変更のお知らせ」にご注意を

楽天市場を名乗る「[楽天] 会員情報変更のお知らせ」にご注意を

Pocket

楽天市場を名乗る不審なメールが出回っています

今回は楽天市場を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「[楽天] 会員情報変更のお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧下さい。

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:[楽天] 会員情報変更のお知らせ

「楽天市場」お客様サポートセンターです

親愛な楽天お客様

平素より楽天グループのサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
残念ながら、あなたのアカウントが、楽天会員のカード情報を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。
アカウント情報のー部が误っているため、お客様 のアカウントを維持するために、楽天会員のカード情報を確認する必要があります。

今アカウントを確認できます。

楽天市場ログイン(リンク)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでございます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

・本メールは、ご登録されたメールアドレス宛に自動的に送信しています。
・本メールは送信専用です。本メールに直接返信されても回答はできません。
・セキュリティ確保の観点から、「メールアドレス」欄を変更された場合のみ、変更前のメールアドレスにもこのメールを送信させていただいております。

当社の個人情報の取扱いについては個人情報保護方針(リンク)をご覧ください。

発行元 : 楽天グループ株式会社
© Rakuten Group, Inc.

転記終了



怪しいポイント① 楽天サービスを利用していない

ここからは、このメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私は楽天のサービスを利用していません。

サービスを利用していないのに、こうしてメールが送られてくること自体おかしいですよね。

会員じゃないのに送られてくる会員メール(笑)

会員登録をしていないので、どこでメールアドレスを入手したんだろうか?

そんなところから気になってしまいますね。

これが本物だとしたら・・・ある意味やばいです。

 

怪しいポイント② 存在しないアカウントをロックする

怪しいポイントの2つ目として、メール本文に注目したいと思います。

メールを見てみると、アカウントをロックするという警告がされています。

アカウントをロックしちゃうんだ・・・と思うとともに、アカウントないけどな・・・と思う自分も。

存在しないアカウントをロックすると言われましてもね。

何のことだか・・・って感じに。

そもそも存在しないアカウントをどうやってロックするんだろうな、なんて思います。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、メール本文に記載されているリンク先のURLに注目したいと思います。

サイトのURLは世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったところで、URLまでコピーすることはできないんですよね。

それを基にそれが本物かどうか判断できる材料の一つとなります。

今回のメールでもそれを確認してみようと、メールのリンク先URLと本物のURLを比べてみることに。

するとURLが違うことがわかりました。

これは本物ではない可能性がかなり高くなってきましたね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.楽天サービスを利用していないのにメールが送られてきた

2.アカウントがないのにアカウントをロックするという内容だった

3.リンク先URLが本物のURLとは違った

以上3点、どれをとっても怪しいと思うようなないようでした。

 

リンクはクリック(タップ)しない!

この手のメールは、メール内に貼付しているリンク先URLへと誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで身を守ることができます。

怪しいと思ったメール、身に覚えのないメールのリンクはクリック(タップ)しない!

これを心がけておきたいものですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です