【レトロゲーム】プロ野球チームをつくろう!アドバンス(ゲームボーイアドバンス/セガ)

【レトロゲーム】プロ野球チームをつくろう!アドバンス(ゲームボーイアドバンス/セガ)

Pocket

プロ野球チームをつくろう!アドバンス

今回はレトロゲームの話を一つしていこうかと思います。

セガから発売されていた「プロ野球チームをつくろう!アドバンス」というゲーム!

「やきゅつく」の愛称で知られているゲームシリーズ。

プレイヤーはプロ野球球団を運営していくというゲームとなっています。

選手たちを集め、球場を修繕管理し、年俸を管理し、スタッフを雇用し・・・。

そんなことをやっていくゲームとなっており、実名プロ野球選手やOB選手も登場します。

チームも実名で登場しており、プレイヤーは新規参入球団としてプレイしていくことになりますね。

 

ゲーム概要

タイトル:プロ野球チームをつくろう!アドバンス

ジャンル:スポーツ

対応機種:ゲームボーイアドバンス

メーカー:セガ

人  数:一人

発  売:2002年8月8日

レトロゲームというくくりにしたのは、このゲームが発売からすでに19年経過しているからです(笑)

19年前の8月に発売されており、2002年と言えば日韓ワールドカップが開催された年でもありますね。

サッカーが盛り上がっていた年に、野球ゲームとして誕生している、そんなゲームです。

ハードはゲームボーイアドバンス



登場12球団

19年前というと、現在のプロ野球とはまた違うチームが登場しています。

この19年の間にプロ野球チームは再編などが行われ、チームが新しく生まれたり合併したり、親会社が変わったなんてチームもありました。

19年前のプロ野球チームがどうなっていたのか、まずは登場12球団を見てみましょう。

 

セ・リーグ

・ヤクルトスワローズ

・読売ジャイアンツ

・横浜ベイスターズ

・広島カープ

・中日ドラゴンズ

・阪神タイガース

特に変わりはないと思いきや、横浜ベイスターズは「DeNA」の文字を冠していません。

当時はまだDeNAではなく、TBSが親会社だったんですよね~。

 

パ・リーグ

・大阪近鉄バッファローズ

・福岡ダイエーホークス

・西武ライオンズ

・オリックスブルーウェーブ

・千葉ロッテマリーンズ

・日本ハムファイターズ

パ・リーグは現在とだいぶ違う構成となっています。

まず気づくのが「楽天ゴールデンイーグルス」が登場していません。

現在は合併して1つのチームになっている近鉄とオリックスがそれぞれ別チームで存在。

日本ハムはまだ北海道移転前であり、ホーム球場は東京ドームです。



日本シリーズ優勝を目指す!

登場球団を見ているだけで、この19年、球界も随分と変わったんだなあとしみじみ感じられるポイント。

それはそうと、このゲームの目的は「日本シリーズを制し日本一になること」です。

新規球団を率い、選手たちを集め、優秀なスタッフを用意する。

そこに実名プレイヤーも多数登場し、往年の名選手であるOBも登場!

プロ野球好きにはたまらない「自分のドリームチーム」を作ることができるようになっています。

まさに夢のようなゲームですね。

 

普通の野球ゲームみたいに試合はできない

野球ゲームというと、自分でピッチャーやバッターを操作するゲームを想像しますよね。

しかし、このやきゅつくシリーズでは、選手を操作することができません

試合は基本見るだけ。

自分が獲得した選手、育てた選手が試合で活躍するのを球団代表目線で見るのです(笑)

もちろん観戦せずにスキップするシステムも組み込まれています。

選手交代などは雇っている監督が勝手にしてくれます。

自分だけのオリジナル球団を、自分の好きな選手を集めてプレイするゲーム。

このゲームが好きで、一時期大ハマりしてやっていました(笑)

そんな思い出のゲームでした~。

 

メーカーはセガ!

〇〇を作ろう!というシリーズはいくつか出ていましてね。

このシリーズを手掛けているのはセガであります。

今はソフトを提供するソフトメーカーとして知られていますが、その昔は「セガサターン」や「ドリームキャスト」といったハードも製造販売していました。

Sonyのプレイステーションとの競争に敗れ、セガはハード製造から撤退。

そんな時代も懐かしいですね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です