Amazonを名乗る「注文商品が返品されましたであるかを確認してください 」にご注意を

注意喚起
Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開したいと思います。

件名は「【Amazon】注文商品が返品されましたであるかを確認してください 」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【Amazon】注文商品が返品されましたであるかを確認してください

ご注文とAmazonアカウントを調査しており、注文商品が返品されました。

 

[注文番号] 552731-20210514-155
[店舗受付日時] 2021/05/14
[お支払い方法] クレジットカード決済

 

アカウントの制限を解除するには、以下のURLを使用してください。

ご確認はこちら:リンク

Amazon.co.jpのまたのご利用をお待ちしております。

© 1996-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates

転記終了

 



 

怪しいポイント① Amazonに登録していないメールアドレスで受信

ここからは、このメールの怪しいポイントについてみていこうと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスは、Amazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにメールを送ってくるのはおかしいですよね。

その間にも、登録しているメールアドレスには、Amazonからのメールが来ています。

これが本物のAmazonだとしたら、今回受信したメールアドレスをどこで知ったのか。

それを聞いて確認してみたいところです。

 

怪しいポイント② 注文商品が届かなかった事実はない

今回のメールでは「注文品が返品されました」となっています。

キャンセルのようなイメージを持ちましたが、直近で注文品が届かなかったなんてことはありません。

メールの言っているようなことは実際に発生していないんですよね。

これもおかしなポイント。

正常に取引が終了しているものばかりなのに、返品されたとメールは言っている。

ちょっと何言ってるかわかりませんね。

受取日時の記載がありますが、この日に何か取引あるいは届いたという事実もない。

なんだかめちゃくちゃな内容です。

また、念のためメールに記載されている注文番号を調べてみましたが、そんな履歴はありませんでした。



怪しいポイント③ URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、メールに記載されているリンクのリンク先URLに目を向けてみます。

サイトのURLというのは、世界に二つと同じものがありません。

よって、いくら本物を装ったとしても、このURLまでコピーすることはできないんですよね。

今回のメールを見比べてみたところ、本物のAmazonのURLとは違っていることがわかりました。

これはもう・・・偽物である確率がかなり高いと言わざるを得ないでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それでは、怪しいポイントをまとめたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.メールに記載されているような事実が確認できない

3.リンク先URLが本物のURLと違う

以上3点、どれをとっても怪しいなと思うポイントでした。

 

リンクはクリック(タップ)しない!

この手のメールはメール内に記載したリンク先へ誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで、自己防衛ができます。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!

これを徹底しておきたいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました