Amazonを名乗る「【お客様現在利用できません】」にご注意を

注意喚起
Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただこうと思います。

件名は「【お客様現在利用できません】」となっていました。

どんなメールとなっていたのか、ご覧ください。

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【お客様現在利用できません】

お支払方法に問題があり、プライム特典をご利用いただけない状況です。

支払方法を更新する(リンク)

メールアドレス

Amazon利用いただきありがとうございます。

ご指定いただいたお客様のお支払い方法が承認されないため、。Amazonは無料ですが、ご登録の際には適用可能なお支払い方法を確認させていただきます。これは、ご登録時にご同意いただいたように。

1日以内に、アマゾンからの請求へのお支払いが確認できない限り、お客様のAmazon登録はキャンセルされ
他の有効な支払方法を更新・追加し、Amazonをご利用されたい場合は、以下の手順に従って更新してください。 

  1. お客様のお支払い方法(リンク)にアクセス
  2. Amazon登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインイン 
    登録済みのお支払手段の有効期限を更新、または新しく支払い手段を追加し、「続行」ボタンをクリック

現在ご指定のお支払い方法が承認されない原因は、提携会社(クレジットカード会社等)の事情により異なりますが、利用可能限度額の超過、有効期限切れ、カード利用不可などが考えられます。大変お手数ですが詳細についてはサービスの提供元会社に直接お問い合わせください。

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

お困りのことがありますか?

 

ご質問等ございましたらこちらをクリック(リンク)し、カスタマーサービスにお問い合わせください。

© 2020 Amazon.com, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon,
Amazon.co.jp, Amazon Prime, Prime およびAmazon.co.jp のロゴは Amazon.com, Inc.ま
たはその関連会社の商標です。
Amazon.com, 410 Terry Avenue N., Seattle, WA 98109-5210

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからは、このメールで怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

なぜ登録していないメールアドレスに送ってくるんですかね?

登録しているメールアドレスの方には、Amazonからメールがきています。

であれば、べき論としてはそちらに送ってくるべき。

本物ならそうすることでしょう。

まずこれが1点目、怪しいと思うポイントです。

 

怪しいポイント② メールに書かれている事実が確認できない

続いてはメール本文に目を移してみたいと思います。

メール本文にこうした記述があります。

「1日以内に、アマゾンからの請求へのお支払いが確認できない限り、お客様のAmazon登録はキャンセルされ」

これ文章が途中で終わってしまっているので、そこもおかしなポイントなのですが。

1日以内に支払い確認がない限り、登録はキャンセルされると言われています。

1日以上経過したのち、Amazonにログインしてみましたが、当然ログインはできます。

メールのような事実は一切確認できませんでした。



怪しいポイント③ おかしな日本語

怪しいポイントの3つ目として、日本語のおかしさを挙げておきます。

件名を見てみましょう。

「【お客様現在利用できません】」

これおかしいと思いませんか?

「お客様」の後に接続詞がついてしかるべきと思います。

例えば「お客様は現在利用できません」みたいに。

 

怪しいポイント④ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの4つ目として、リンク先のURLを確認してみます。

サイトのURLというのは、世界に二つと同じものがありません。

故に、これを確認することで、それが本物かどうかの判断材料になるんですよね。

いくら真似をしてコピーしようとしても、サイトのURLまでコピーすることはできません。

今回のメールに貼付されているリンク先URLと本物のURLを比べてみたところ、URLに差異があることがわかりました。

これは偽物・・・と判断できる内容となっています。



怪しいポイントまとめ

それでは、今回のメールの怪しいポイントをまとめたいと思います。

今回は4つの怪しいポイントがありました。

1.登録していないメールアドレスに送られてきた

2.メールに書いてある現象が起きていない

3.日本語がおかしい

4.リンク先URLが本物と違う

どれをとっても「怪しいな」と思うポイントでもあります。

 

リンクをクリック(タップ)しない!

この手のメールは、メールに記載しているリンク先に誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるのです。

怪しいと思ったメール、身に覚えのないメールのリンクはクリック(タップ)しない!

これを徹底したいものですね。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました