エムアイカードを名乗る「【エムアイカード】二段階認証の導入についてのお知らせ」にご注意を

エムアイカードメール 注意喚起

エムアイカードを名乗る不審なメールが出回っています

今回はエムアイカードを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「【エムアイカード】二段階認証の導入についてのお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきたいと思います。

エムアイカードメール

転記開始

件名:【エムアイカード】二段階認証の導入についてのお知らせ

本人確認手続専用のURL(リンク)をご連絡いたします。
引き続き下記URLより必要事項の入力をお願いたします。
▽お手続きはこちら

 

>>クリックでログインして詳細を見る(リンク)

 

※なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、クレジットカードの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。
——————————————————
※メールを受け取ったお客さま専用のページです。ほかのお客さまはご利用いただけません。
期限内にお申し込みが完了しなかった場合は、再度メールアドレスのご登録をお願いたします。
——————————————————
※本メールへの返信によるご質問にはご回答できません。

©MICARD Co.LTD 株式会社 エムアイカード
登録番号 : 関東財務局長(12)第00747号 日本貸金業協会会員 第001680号

転記終了



怪しいポイント① エムアイカードを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私はエムアイカードを利用していません。

利用していないカード会社からこうしてメールが送られてきているんですよね~。

これはおかしな話。

利用していないのですから、メールが送られてくるいわれがありません。

これが営業メールであればまだわかるのですが、内容を見てみるとそうした内容ではありませんからね。

エムアイカードを利用していないということは、利用登録をしていないということ。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしたことがありません。

ではなぜ先方はメールアドレスを知っているのか?

そんな問題が出てくるとともに、怪しく感じるポイントにもなりました。

そもそも登録していないメールアドレスを知っているということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

信用第一のカード会社がこんな方法でメールアドレスを取得するとは思えません。

まず最初の怪しいポイントはこうした内容となりました。

 

怪しいポイント② 存在しないクレジットカードを利用制限するという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文を見ていきたいと思います。

メール本文ではこんな記述がありました。

「※なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、クレジットカードの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。」

何やらクレジットカードの利用制限をするなんてことが書かれていますね。

しかし、これはあり得ない話です。

上でも書きましたが、私はエムアイカードを利用していません。

これはカードを発行したことがないということであり、物理的にこの世界にカードが存在していないということになります。

その存在しないカードに利用制限をするといっているんです。

存在しないものにどうやって利用制限なんてするんでしょうね。

怪しいポイントの2点目は、こうしたあり得ない内容ということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この仕様を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が入っているでしょうからね。

2つのURLを比較してみたところ、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないカード会社からのメールだった

2.存在しないカードに利用制限を設けるというあり得ない内容だった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント