Amazonを名乗る「【アマゾン】重要なお知らせ」というメールにご注意を

Amazonを名乗る「【アマゾン】重要なお知らせ」というメールにご注意を

Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【アマゾン】重要なお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【アマゾン】重要なお知らせ

アマゾンの請求書を受け取りましたが、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、カードを拒否して連絡を試みました。

 

下記専用URLにアクセスいただき。

リンク

Amazon.co.jp(リンク)のまたのご利用をお待ちしております。

© 1996-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントについてみていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

この間、本物のAmazonからは登録してあるメールアドレス宛にメールが送られてきています。

これはどういうことでしょうか。

本物だとしたら、どうやって登録もしていないメールアドレスを知っているのか聞いてみたいものです。

 

怪しいポイント② 途中で終わっている文章

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文を見てみると、こんな記述があります。

「下記専用URLにアクセスいただき。」

いただき・・・どうするの(笑)

URLにアクセスした続きが書いてありません(笑)

パスワードを変更するのか、それともログインするのか。

それとも・・・

色んなことが想定できますが、何をするのかが書いてありません。

これは不自然すぎますよね~。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、メールに貼付されているリンク先のURLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは世界に二つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、URLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、今回のメールに貼付されていたリンク先URLと本物のサイトのURLを比較してみることにしました。

すると見事にURLが違っていることが判明。

これはもう・・・かなり怪しいですね。

 

怪しいポイントまとめ

それでは今回のメールの怪しいポイントをまとめていきたいと思います。

ポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.本文の説明文が途中で終わっている

3.リンク先URLが本物のURLと違う

以上3点が怪しいポイントでしたが、どれをとっても本物らしからぬ内容でした。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です