PayPay銀行を名乗る「【重要】不正出金被害防止のための本人確認(PayPay銀行)」にご注意を

注意喚起
Pocket

PayPay銀行を名乗る不審なメールが出回っています

今回はPayPay銀行を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【重要】不正出金被害防止のための本人確認(PayPay銀行)」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【重要】不正出金被害防止のための本人確認(PayPay銀行)

いつもPayPay銀行をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

当社では、フィッシング()による不正出金被害防止のため、この度当社セキュリティシステムの大幅なアップグレードを実施しており、ご登録された個人情報を再度確認する必要がございます。

 

つきましては下記へのアクセスの上ご登録された個人情報の確認のご協力をお願い致します。

→続けるにはこちらをクリック(リンク)

※こちらのメールを受け取ったお客様専用のページになりますので、ほかのお客様はご利用いただけません。

 

ご確認を頂けない場合はカードのご利用制限がされる恐れがございますのでご了承下さい。

 

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けしまして大変申し訳ございません。

——————————–

本メールがご自身宛てでない場合、他の方が誤って同じメールアドレスを登録したものと考えられます。

お心当たりのない方は、お手数ですがメール本文を削除して頂くようお願いいたします。

——————————–


※送信元メールアドレス、当社サイトの一部において旧社名のドメイン(japannetbank.co.jp)を使用しています。

 

メールの配信停止について

リンク

メールに関するお問い合わせ

リンク

PayPay銀行株式会社

東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル

リンク

Copyright PayPay Bank Corporation All rights reseved

転記終了



怪しいポイント① PayPay銀行のサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はPayPay銀行のサービスを一切利用していません。

利用していなサービスについて、こうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしていないということです。

利用登録をしていないということは、メールアドレスの登録もしていません。

ということは、このメールアドレスをどこで入手したんでしょうか?

そんなことも怪しく感じるポイントの1つとなりました。

 

怪しいポイント② 個人情報の確認という内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文では「個人情報の確認」ということが書かれています。

しかし、私はPayPay銀行に個人情報を登録したことがありません。

登録をしたことがないものを確認することなど、あり得ませんよね。

そもそも登録をしていないので、そこに私の個人情報はありません。

あったとしたら不正取得であります(笑)

そんなこんなで、メールの内容があり得ないというのが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLと公式サイトのURLが違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、リンク先URLと公式サイトのURLを比較してみることにしました。

するとこれが見事に違っていることが判明!

これはもう決定的に怪しいと言えるポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.登録していない個人情報を確認してというメールだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しさ満点のメールとなっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました