自衛隊大規模接種センターを名乗る「自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内(予約・受付案内)」にご注意を

注意喚起
Pocket

自衛隊大規模接種センターを名乗る不審なメールが出回っています

今回は自衛隊大規模接種センターを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させ頂きます。

件名は「自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内(予約・受付案内)」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:自衛隊 大規模接種センターの概要 予約サイト案内(予約・受付案内)

自衛隊大規模接種センターの予約については、下記注意事項をご覧頂き、
ページ下部に記載のWeb予約サイト、LINEまたは、専用お問い合わせ・予約窓口(電話)により、予約を行ってください。

 

■予約サイトへ(リンク)

■お問い合わせ・予約窓口(リンク)

──────────────────────────────────
予約に関するお願い
自衛隊大規模接種センターでは、原則として、接種券(原本)をお持ちいただいていない場合、ワクチンの接種はできません。接種券がお手元に届いてからご予約いただき、当日、接種券(原本)を必ずお持ち下さい。

──────────────────────────────────

■自衛隊 東京大規模接種センター専用
お問い合わせ・予約窓口(リンク)
開設時間:07時00分~21時00分(毎日)
お電話のおかけ間違いにご注意ください。
一般:0570-056-730
English:0570-056-750
副反応:0570-056-760
※問い合わせのみ

Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights reserved. (リンク)

転記終了



怪しいポイント① 突然送られてきたメール

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私は何も登録していないのにメールが送られてきました。

普通こうしたメールは対象のところに登録してからメールが送られてくるものだと思うんですけどね。

私は自衛隊に登録した覚えはありません。

故にこのメールをどこで入手したのか?という問題が浮上してきます。

さすがにむやみやたらにメールを送りまくっているなんてことはないでしょう。

いくら重要なメールだと言っても、いきなりこうして送られてくるとどうしても構えてしまうもの。

なんだ?怪しいな?入口からそう思ってしまうメールとなっていました。

 

怪しいポイント② 本文に何の接種かが明記されていない

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メールでは大規模接種について書かれているのですが、この接種が何の接種なのか一切説明がありません。

インフルエンザ?新型コロナウィルス?それとも・・・他の何か?

メールでは一切その内容に触れておらず、リンク先へ飛んで予約しろと言っています。

中身もわからないのに予約するの?

そんな人どこにいるの?

何を接種するのかもわからないような状態なのに、申し込む人なんているんですかね?

これが2点目、内容がわからないメールということになります。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式のURLが違う

怪しいポイントの3つ目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLは世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、URLまでコピーすることはできないんですよね。

そこでメールに貼付されていたリンク先URLと、公式サイトのURLを比較してみることにしました。

すると、これが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントと言えるでしょう。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回のポイントは3つありました。

1.登録もしていないのにメールが送られてきた

2.何の接種なのかの説明が一切記載されていなかった

3.リンク先URLが公式サイトのURLが違った

どれをとっても、本物ではあり得ないような内容となっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました