ETC情報を名乗る「情報を知らせる」というメールにご注意を!

注意喚起
Pocket

ETC情報を名乗る不審なメールが出回っています

今回はETC情報を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「情報を知らせる」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください。

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:情報を知らせる

ETCサービスをご利用のお客様:

 

ETCサービスは無効になりました。

引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。

 

 

下記の接続から停止原因を確認してください

リンク

(直接アクセスできない場合は、手動でブラウザにコピーして開いてください)

 

 

 

※このメールは送信専用です。

このアドレスに送信いただいても返信いたしかねますので、あらかじめご了承願います。

※なお、ご不明な点につきましては、お手数ですが、

ËTCサービス事務局にお問い合わせください。

(直接アクセスできない場合は、手動でブラウザにコピーして開いてください)

 

 

 

※このメールは送信専用です。

このアドレスに送信いただいても返信いたしかねますので、あらかじめご了承願います。

※なお、ご不明な点につきましては、お手数ですが、

ËTCサービス事務局にお問い合わせください。

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントについてみていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスは、登録していないメールアドレスです。

登録もしていないのに、こうしたメールが送られてくるのはおかしいですよね。

そもそもどこでメールアドレスを入手したのか。

そんなことも疑問になってきます。

登録していないメールアドレスに送ってきた辺り、怪しさが満点です。

 

怪しいポイント② サービスが無効になったという内容

怪しいポイントの2つ目として、メール本文を見てみましょう。

メールでは「サービスが無効になった」とあります。

ETCのサービスが利用できなくなったということでしょうかね。

そうか・・・ということで、実際にETCをつかってみました。

すると・・・問題なく使えます(笑)

メール本文で書いてある事実は確認できず、何を言っているのかな?という状況。

内容と事実が一致しない、これが怪しいポイントの2点目となります。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、リンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

いくら本物を装っても、URLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、リンク先URLと本物のURLを比較してみることに。

するとURLが違うことが判明しました。

これはもう決定的に怪しいポイントとなりそうですね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.メールに書いている事実が確認できない

3.リンク先URLが本物のURLと違う

以上3点が今回の怪しいポイントでした。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました