アフィリエイト広告規制検討へ

アフィリエイト広告規制検討へ

Pocket

先日TVを見ていたらやっていたニュース

先日車中でお昼を食べながらテレビを見ていました。

珍しくテレビを(笑)

車で出かけているときってどことなく手持無沙汰となるのでね。

テレビを見ていることも多いのです。

そこでやっていたニュースが今回のお話!

「アフィリエイト広告規制検討へ」

という内容でした。

管轄する消費者庁が検討し始めたということのようでした。

ブロガーさんの中にはこうしたサービスを利用している方も結構いらっしゃるかもしれませんね。

今回はこのニュースをちょっと掘り下げていこうと思います。

 

そもそもアフィリエイトって何?

そもそもアフィリエイトって何なのか?って話からしていきましょう。

これは広告主がおりまして、その広告主が売りたい商品があるわけです。

その商品をブログなどで紹介し、実際にその商品が売れると、紹介した人にお金が落ちるという仕組み。

広告収入の1種ですね。

同じ広告でもアドセンスなどとは違います。

売りたい商品があり、それを紹介し、成約するとお金がもらえるということなので、副業としてやっている方も多いと聞きます。

ちなみに私はアフィリエイトはやっておりません。



規制する理由「誇大表現が散見される」

規制する理由がニュースでも語られていました。

それが「誇大表現」であるそう。

これはブログなどの媒体を使い販売しようとしている人が、大げさな表現を使い商品の仕様を誤認させる、実際の商品と相違があるということです。

売ろうとしている人も必死だと思うので、大げさな表現なんかになってしまうのでしょう。

それこそ自分の収入に直結するわけですからね。

しかし、事実と異なることを書いたり、実際の性能以上の事を書いたりすることはやはりよろしくないですよね。

これは正当な規制理由になりえると思います、本当であればね。

 

クレームも結構入っているのかも

消費者庁が動いたということは、それなりにクレームも入っていることでしょう。

「話が違う」「書いてあることと違う」「思っていたのと違う」etc

それが1件や2件なら規制するなんてことまで行くことはないと思いますので、それなりの数のクレームが入っていたのでしょう。

何事もやりすぎはダメってことなのかもしれませんね。

今後規制が入るとすればどんな規制になるのか気になるところですが、それは今から検討されるとのこと。

今後の動静をブロガーとしては注視していきたいなと思うところです。



副業として人気があるアフィリエイト

アフィリエイトは副業としてそこそこ人気があるもののようです。

私も一時期やってみようかな?と思ったことがありますが、結局やらずにこうして規制検討が始まってしまいましたorz

今となっては、とりあえず手を出してなくてよかったなというのが正直な感想。

アフィリエイトはちょっとした空き時間などでもできそうなので、魅力的ではあるんですけどね。

こうして規制を食らってしまうと、今後どうなるのか不安もありますし、とりあえず静観したいというのが私です。

 

アフィリエイトをやっている人をアフィリエイターという

アフィリエイトをやっている人の事を「アフィリエイター」と言ったりします。

または・・・「アフィカス」。

アフィカスについては蔑称となっているので、あんまり使わない方が無難ですけどね。

一部の人たちからは嫌われているシステムとなっており、万人受けするようなものでもないのは確かです。

副業にも様々なものがありますが、こうして規制検討され、実際に規制が入っていしまうとやりづらくなっていってしまうことでしょうね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です