Viercardを名乗る「「VIEW’s NET」のセキュリティ通知」にご注意を!

Viercardを名乗る「「VIEW’s NET」のセキュリティ通知」にご注意を!

Pocket

Viercardを名乗る不審なメールが出回っています

今回はViercardを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開したいと思います。

件名は「「VIEW’s NET」のセキュリティ通知」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは、メール本文です。

転記開始

件名:「VIEW’s NET」のセキュリティ通知

━━━━━━━━━

【ビューカードを装う不審なメールにご注意ください】

 

≪ビューカードをご利用の皆さまへ≫

 

※本メールは重要なお知らせのため、配信をご希望されていないお客さまへも送信しております。

 

ログインが行われたことをお知らせします。

————————————————————
ログイン日時: 2021-06-06  6:05:06

IPアドレス:  193.47.192.23
————————————————————

 

▼ログインにお心当たりがない場合は、パスワードの変更をお願いします。

VIEW’s NET :リンク

────────────────

【ご注意】

・このメールにご返信をいただきましても、送信専用のアドレスのため、ご対応いたしかねますのでご了承ください。

・配信先の変更や配信停止は「VIEW’s NET」からお願いいたします。

「VIEW’s NET」にログイン>登録内容変更>VIEW’s NET登録内容変更
・本メールに関する一切の記事の無断転載および再配布を禁じます。

 

配信元 : 株式会社ビューカード 東京都品川区大崎一丁目5番1号 大崎センタービル

────────────────

Copyright(C) Viewcard Co.,Ltd. All Rights Reserved.

転記終了



怪しいポイント① 私はビューカードを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを1つずつ見ていきたいと思います。

まず第一に、私はビューカードを利用していません。

利用していないものに対して、こうしてメールが送られてくることはおかしいですよね。

なんででしょうね。

メールアドレスの登録もしていないので、そもそもメールアドレスをどこで入手したのか?という話でありまして。

本物だとしたら、入手方法を聞いてみたいものです。

 

怪しいポイント② 送り主の名前が間違っている

怪しいポイントの2つ目として、今回のメールの送信主に注目してみます。

送信主の名前は「Viercard」となっています。

なんて読むんでしょうね?

ヴィアーカードでしょうか?(笑)

ビューカードと本文では言っていますが、ビューカードだとしたらスペルは「Viewcard」というスペルになるはずです。

普通自分のところのサービス名間違えますかね?

これも怪しいと思ったポイントです。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、メール本文に記載されているリンク先URLに注目してみます。

サイトのURLは、世界に二つと同じものがありません。

故に、本物と比較することで、それが本物なのか、そうでないのかがわかるポイントにもなっています。

今回のものを本物と比べてみた結果、本物のURLとは違うことがわかりました。

これはもう相当怪しいですね。

 

怪しいポイントまとめ

それでは、怪しいポイントのまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスのメールだった

2.サービス名が間違っている

3.リンク先URLが本物と違う

どれをとっても、これを本物だと思うことは難しいと思います。

 

リンクはクリック(タップ)しない!

この手のメールは、メールに貼付したリンクへ誘導し、そこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで、身を守ることができます。

怪しいと思ったメール、身に覚えのないメールのリンクはクリックしない!

これを徹底しておきたいものですね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です