【ブログ用語】PV(ページビュー)・ユニークアクセスとは?

ブログの事
Pocket

ブログにも様々な用語がある

ブログを書いて分析などをしていると「専門用語」なんてものが出てきたりします。

いきなり専門用語が出てきたりすると、戸惑ってしまうもの。

今回はそんなブログ用語の一つについて書いてみようと思います。

その用語は「PV(ページビュー)」と「ユニークアクセス」というもの。

これがどんな意味の言葉なのか、見ていきたいと思います。

 

PVって何の略?

まずは「PV」という言葉は何の略なのか、ということを見ていきましょう。

PVとは「Page View」の略です。

Page Viewの頭文字をとった言葉です。

まずはこれを覚えておきたいところですね。

 

ページビューってどんな意味?

それでは核心に迫ってみましょう。

ページビューの意味は「サイトのページが開かれた数」です。

ブログでいえば、何ページ読まれたか?と解釈もできますね。

読まれた数を示すのがページビュー(PV)。

サイトのページが開かれた総数、それがページビューということになりますね~。

まずはページビューというものを、ご理解いただければと思います。



ユニークアクセスとは?

続いては「ユニークアクセス」について。

ユニークアクセスは、サイトに訪問した人数を表す言葉です。

何人の人がサイトに訪れたのか?ということですね。

ページビューがサイトが表示された回数に対し、こちらは訪問した人数となっています。

ここが少しわかりづらいところなんですよね・・・。

 

ページビュー(PV)とユニークアクセスの違い

ページビューはサイトが表示された回数、ユニークアクセスは訪問した人数ということが分かりました。

では実際の例を見ながら、理解を深めていきましょう。

例:一人の人が3ページサイトを閲覧した。

これをPVとユニークアクセスで表現してみましょう。

すると、ページビュー(PV)は3、ユニークアクセスは1ということになります。

ページビュー(PV)とユニークアクセスとの関係はこうした関係となっています。

 

ページビュー(PV)がユニークアクセスより低くなることはない

こうしてみてみると、1つ法則が見えてきます。

それが

ページビュー≧ユニークアクセス

となること。

ページビューがユニークアクセスより低くなることはありません。

ページビューが3なのに、ユニークアクセスが5あるなんてことはあり得ないんですよね。

もしそうした集計になっているのであれば、集計に問題があるということになってしまいます。

 

と言ったところで、今回はページビューとユニークアクセスについて書いてみました。

色んな言葉があって分かりづらいこともあると思いますが、一つ一つ意味を理解していくとより楽しくなると思います。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました