確認メールを名乗る「メールの内容をよく確認してください!」にご注意を

注意喚起
Pocket

確認メールを名乗る不審なメールが出回っています

今回は確認メールを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「メールの内容をよく確認してください!」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきましょう。

転記開始

件名:メールの内容をよく確認してください!

こんにちは、お世話になっております。
貴方のアカウントに最近メールをお送りしましたが、お気づきになられたでしょうか?
そうです。私は貴方のデバイスに完全にアクセスできるのです。

数ヶ月前から拝見しております。
どうすればそんなことが可能なのか疑問に思っておられますか?それは、訪問されたアダルトサイトに付いていたマルウェアに感染されていらっしゃるからです。あまりご存知ないかもしれないので、ご説明いたします。

トロイの木馬ウイルスにより、私は貴方のパソコンや他のデバイスに完全にアクセスが可能です。
これは、貴方のスクリーンに搭載されたカメラやマイクをオンにするだけで、貴方が気づくことなく、私が好きな時に貴方を見ることが可能となることを意味します。その上、貴方の連絡先や全ての会話へのアクセスも行なっておりました。

「自分のパソコンにはウイルス対策ソフトを入れているのに、なぜそれが可能なのか?なぜ何の通知も今まで受信しなかったのか?」とお考えかもしれませんね。その答えは単純です。
私のマルウェアはドライバーを使用し4時間毎に署名を更新するため、ウイルス対策ソフトでは検出不可能なので通知が送られないのです。

左側のスクリーンで貴方がマスタベーションを行い、右側のスクリーンでは貴方が自分を弄っている間に閲覧していた動画が再生されるビデオを私は所有しています。
これからどんな悪いことが起きるのか心配ですか?私がマウスを1度クリックするだけで、この動画は貴方のソーシャルネットワークやメールの連絡先全てへと送信されます。
また、ご利用のメールの返信やメッセンジャーにもアクセスして動画を共有することだって可能です。

朗報は、まだ抑止することができることです。
ただ 19万円 相当のビットコインを私のBTCウォレットに送金いただくだけで止められます(方法がわからない方は、オンライン検索すれば、段階ごとに方法を説明した記事が沢山見つけられるはずです)。

私のbitcoinアドレス(BTCウォレット) は下記の通りです。: 33WxL2Qo2LdXZt2WvP3AdTGT1otw7Wmrba

お支払いの確認が取れ次第動画をすぐに削除し、もう2度と私から連絡を取ることはありません。
この取引が完了するまでに2日(48時間)の猶予がございます。
このメールが開封されると同時に私は通知を受信し、タイマーが始動します。

送金できない場合はメールにてお問い合わせください。

このメールと私のBitcoinIDは追跡不可能なため、苦情を申し立てようとしても何も起こりません。
非常に長い間この件に取り組んできたため、 どんな隙も与えませんよ。

このメッセージについて誰かに話したことを私が感知すると、先ほども申し上げた通り、ビデオはすぐに共有されます。

転記終了



怪しいポイント① デバイスに完全にアクセスできるという内容

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず最初にメール本文から。

メール本文ではこんな記述がありました。

「私は貴方のデバイスに完全にアクセスできるのです。」

メールでは、メールの送り主が私のデバイスに完全にアクセスできるといっています。

しかし、状況を考えてみると、メールでこうしたことが書かれているだけで、何一つその確証がありません。

本当にデバイスを完全にアクセスできるのであれば、その証拠を提示してみてもいいと思いませんか?

例えば、デバイス使用中にメールの送り主が操作をしてバグらせる、デバイス内にあるデータをメールに貼付するなど。

そうしたデバイスにアクセスする具体的な証拠も出さず、ただメールで宣言しているだけ。

状況はそういう状況となっています。

事実かどうかが確認できないんですよね。

これだけで本当にアクセスしていると信用するにはまだ早すぎます。

まず最初の怪しいポイントは、こうした内容となりました。

 

怪しいポイント② 訪問したことがないアダルトサイトで感染したという内容

怪しいポイントの2点目として、こちらもメールの本文から。

メール本文では、こんな記述がありました。

「それは、訪問されたアダルトサイトに付いていたマルウェアに感染されていらっしゃるからです。」

デバイスがマルウェアに感染しており、その感染した場所としてアダルトサイトが挙げられています。

しかし、それはおかしな話なんですよね。

今回メールを受信したデバイスでは、アダルトサイトに訪問したことがありません。

メールに書かれているような事実がないんです。

訪問したことがないようなサイトに訪問したといわれ、何を言っているのかな?という話。

これもまた怪しいポイント①と同様、空想の話という域から出ない話となってしまっています。

怪しいポイントの2点目は、こうした事実と違う内容が書かれているということになりました。



怪しいポイント③ デバイスにカメラが付いていないのに動画を撮影したという内容

怪しいポイントの3点目として、こちらもメール本文から。

メール本文ではデバイスに付属しているカメラをコントロールして、動画を撮影したとされています。

しかし、これは物理的に不可能なんですよね。

なぜならこのデバイスにはカメラ自体ついていないからです。

物理的に存在していないカメラで映像を撮影するなんてことはできません。

あり得ないんですよね~。

例えアクセスできていたとしても、物理的に存在していないカメラで撮影なんてことは不可能。

逆に言えば、こうしたあり得ないことを言っている時点で、デバイスにアクセスはできていないということになります。

デバイスにアクセスできていれば、物理的にカメラが存在していないこともわかるはずですからね。

怪しいポイントの3点目は、こうしたあり得ない内容ということになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.デバイスにアクセスしたというが、その形跡や証拠がない

2.訪問したことがないアダルトサイトに訪問したと言い張る

3.存在しないカメラで撮影したという内容

どれをとっても事実ではありませんし、明らかに怪しいメールとなっていました。

ご注意ください<m(__)m>

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました