【一人暮らしあるある】グループで遊ぶ!解散して一人になると寂しさを感じるorz

一人暮らしあるある
Pocket

一人暮らし

私は一人暮らしをしておりまして。

一人暮らしをしていると、何から何まで自分ひとりでしなければなりません。

代わりに自由を手に入れる。

そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんね。

私も一人暮らしをする前は、そんなイメージを持っていました。

そして実際やってみると・・・まあ大体あってる(笑)

自分ひとりの暮らしなので、自由に時間を使えるというのが最大の魅力となるのかもしれませんね。

そんな一人暮らしをしていますと、色んなあるあるに出会うことがあります。

一人暮らしならではのあるある。

今回はそんなお話を一つ。

 

グループで遊んだ時の話

今回の舞台は、グループで遊んでいた時の話。

にぎやかなのが好きか嫌いかはありますが・・・。

仲のいい人たちと複数人で遊ぶなんてのもたのしい時間であります。

遊ぶ内容は人によって変わってくると思いますが、遊びに行ったり食事をしたり。

楽しい時間を過ごすことで、日頃のストレスも軽減されていく。

ストレス発散の一つといってもいいかもしれませんね。

楽しい時間というのは早く過ぎ去っていくもので、あっという間に終わってしまうなんてことも珍しくなく。

行きはワクワクしながら行くのですが・・・。



帰路につくと寂しさを感じる・・・

楽しい時間も終わりを告げ、帰路に就くことに。

行く場所によって電車、車、徒歩等々方法は様々。

楽しい時間を思い出しながらの帰路。

段々時間が経ってくると共に、一人で帰っていることに寂しさを感じるようになります。

家族で来ていた人は家族と話をしながら。

カップルで来ていた人たちは、カップルで話をしながら。

しかし、一人暮らしをしているような私は、一人で黙々と帰るわけです。

そんな時に一抹の寂しさを感じる一場面となります。

これもまた一人暮らしの悲哀といえるかもしれませんね。

 

家に帰ると更にそれが深まる

そして帰宅。

家に帰るとその気持ちも最高潮に達します。

「今日は楽しかったな」

もちろんそんな思いもあります。

これが楽しければ楽しいほど、その反動は大きくなり一人でいる寂しさを感じるようになるんですよね。

一晩寝るともう大丈夫ってことも多いのですが・・・。

こうして一人暮らしをしていると、一人の寂しさというのを感じる場面が時折あります。

これもまた一人暮らしあるあるということができるでしょう。

一人暮らしは良いことばかりではないのです・・・orz



コメント

タイトルとURLをコピーしました