Always三丁目の夕日

Always三丁目の夕日

Pocket

Always三丁目の夕日

映画はお好きですか?

私は映画が好きで、劇場に見に行ったりDVDやブルーレイ、動画サイトなどで見ることが多いです。

今回は映画「三丁目の夕日」のお話をしていこうと思います。

日本の映画で、一時的なブームも作られた作品です!

 

映画概要

タイトル:Always三丁目の夕日

ジャンル:ヒューマン

製  作:日本

監  督:山崎貴

脚  本:山崎貴、古沢良太

主  演:吉岡秀隆

出  演:堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、三浦友和、もたいまさこ、小日向文雄 他

公  開:2005年11月5日

 

主演は北の国からでも有名な吉岡秀隆さん。

この作品が上映されるまでは北の国からのイメージが定着していましたが、この作品を機にイメージが変わった俳優さんでもありますね。

助演には堤真一さん、小雪さん、堀北真希さん、薬師丸ひろ子さん、三浦友和さんなど豪華俳優陣が固めています。

こうしてみると、出演者もかなり豪華だなあと感じますね。

その出演者に引けを取らない内容となっているので、非常に完成度の高い映画となっています。



あらすじ

昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目には、人情味あふれる住人たちがにぎやかに暮らしていました。

そんなある日の事、鈴木則文(堤真一)と妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、息子・一平が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子(堀北真希)がやってきます。

ところが、立派な会社を期待していたらしい六子は、どこかがっかりした様子・・・

一方、何かと則文と反発しあう駄菓子屋の店主で、売れない小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)。

一杯飲み屋のおかみヒロミ(小雪)に恋心を抱く茶川は、ひょんなことから、彼女の元に連れられてきた身寄りのない少年淳之介のお世話をすることに・・・。

さて、六子が加わった鈴木家には何が起こるのでしょうか?

さらに、茶川と淳之介の奇妙な同居生活の行方は?

夕日町三丁目の人々には、どんな未来が待っているのでしょうか?

 

今では東京スカイツリーに役割を取って代わられたものの、昔は東京の象徴でもあった東京タワー。

それができる前の年代が舞台となっています。

私はこの頃まだ生まれていなかったので当時の事はわかりません(笑)

ちょうどうちの親世代がこの世代だったので、当時は親がよくこの映画の話をしていましたね。

こんな時代があったんだと。

古く良き日本の文化、生活が詰まった作品となっています。

 

DVD特典

DVDの特典映像として、劇場版の予告編も収められています。

これは映画館で予告などで利用されていた映像ですね。

こんな特典もうれしかったりするものです。

 

Alwaysシリーズ

Always三丁目の夕日には続編があります。

Always続・三丁目の夕日

Always続・三丁目の夕日



Always三丁目の夕日」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です