au IDを名乗る「auからの緊急のご連絡【契約のデータの通信速度制限】」にご注意を

注意喚起
Pocket

au IDを名乗る不審なメールが出回っています

今回はau IDを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「auからの緊急のご連絡【契約のデータの通信速度制限】」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:auからの緊急のご連絡【契約のデータの通信速度制限】

お客様のau IDアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

リンク

この時、旧端末のau IDへ公式アカウント(au ID)から「他のスマートフォンであなたのアカウントが使用されようとしています」というメッセージが届きますが、もちろん自分で操作していることなので、そのまま手順を進めましょう。

転記終了



怪しいポイント① auのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、私はauのサービスを一切利用していません。

利用していないサービスからこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね~。

過去に利用していたということもありません。

利用登録をしたこともなくて、ということはメールアドレスを登録したこともないんですよね~。

登録もしていないので、なぜ相手がメールアドレスを知っているのか?なんてところも怪しく感じますよね。

本人が承諾していないのにメールアドレスを知っている、これは気持ち悪さも感じるところ。

まず最初の怪しいポイントはこんなところになりました。

 

怪しいポイント② そんざいしないアカウントに異常ログインされたという内容

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文では、こんな記述がありました。

お客様のau IDアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

どうやらアカウントに異常ログインを検知したので、検証に協力をとのことです。

がしかし!

私はサービスそのものを利用していないので、当然ながらアカウントがありません。

IDもアカウントも、存在していないんですよね。

そのアカウントに異常ログインされたと言っています。

おかしな話ですよね~、存在しないアカウントにログインされたというのですから。

あり得ない内容、それが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メールに貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものが存在しません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね~。

これはインターネット共通の仕様であり、全世界共通のルールでもあります。

そこで、これを利用してこのメールが本物であるかどうか、検証してみたいと思います。

やり方は簡単、それぞれのURLを比較してみるだけです。

公式サイトであれば、公式サイトの文字列が入っているでしょうからね。

比較してみた結果、これが全く違っておりました!

これはもう決定的といえるポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.存在しないアカウントにログインされたというあり得ない内容だった

3.リンク先URLと公式サイトのURLが違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントとなっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました