Amazon.co.jpを名乗る「Amazon.co.jpからセキュリティコードをお送りします」にご注意を

amazonメール 注意喚起
Pocket

Amazon.co.jpを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazon.co.jpを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「Amazon.co.jpからセキュリティコードをお送りします」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:Amazon.co.jpからセキュリティコードをお送りします

Eメールアドレスの確認

Eメールアドレスの確認のため、以下のセキュリティコードを入力してください:

316830

このOTPは誰とも共有しないでください。当社のカスタマーサービスチームからは、パスワード、OTP、クレジットカード、銀行情報を求めることはありません。

Amazon.co.jpのまたのご利用をお待ちしております。

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにメールが送られてくるのはおかしいですよね。

アドレスの確認と言っていることからも、登録したアドレスに送られ来ているはずです。

また、この間本物のAmazonからは登録しているメールアドレス宛にメールが送られてきています。

本物のAmazonであれば、そちらの登録しているメールアドレス宛に送られてくるべき。

これが最初の怪しいポイントとなり、気持ち悪いところでもありますね。

 

怪しいポイント② セキュリティコードをどこに入力すればいいのか指示がない

怪しいポイントの2点目として、メール本文に目を向けてみたいと思います。

メール本文にはこんな記述がありました。

「以下のセキュリティコードを入力してください:」

そして実際にコードが貼りつけられています。

しかし・・・どこに張り付けるのかという指示がありませんでしてね。

リンクなども貼られていないので、まったくわからない状況となっています。

どこに張り付けるのか?普通ならリンクなどが貼ってあるものですよね。

それもないので、謎すぎるメールとなってしまっています。



怪しいポイント③ 短すぎる本文

今回受信したメール本文は、非常に短い文章で締めくくられていました。

企業署名もなければ、誰宛に送っているのかの宣言もない。

Amazonほどの大企業さんであれば、こうしたものが行われて当然ではないかなと思う自分がいます。

また、これほどいろいろ足りないメールも珍しい。

怪しいポイント②にもかいていますが、説明不足がはなはだしいメールです。

本物であれば、こうしたものはマニュアル化されていて「間違えるということはあり得ない」と思います。

中々これも怪しさ満点と言える内容です。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.セキュリティコードをどこへ入力するのか指示がない

3.メール本文が短すぎる

以上、どれをとっても怪しく感じるポイントになっていましたね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました