映画「ヴァン・ヘルシング」(2004年)

SF
Pocket

映画「ヴァン・ヘルシング」

今回は映画のお話を1つしていこうかと思います。

映画鑑賞なんてものも趣味の一つでありまして、邦画~洋画まで様々な映画を観るのが好きです。

今回は2004年日本公開の映画「ヴァン・ヘルシング」。

19世紀ヨーロッパを舞台とした、SF映画となっています。

ドラキュラやフランケンシュタイン狼男やジキルとハイドなど、伝説として今も残る逸話を映画内で再現。

それらを討伐するために、主人公「ヴァン・ヘルシング」が立ち向かうという内容となっています。

 

映画概要

タイトル:ヴァン・ヘルシング

ジャンル:SF

製  作:アメリカ

監  督:スティーブン・ソマーズ

脚  本:スティーブン・ソマーズ

主  演:ヒュー・ジャックマン

出  演:ケイト・ベッキンセイル、リチャード・ロクスバーグ、デビッド・ウェナム、ウィル・ケイム 他

音  楽:アラン・シルヴェストリ

公  開:2004年9月4日(日本)

 

X-MENシリーズのウルバリン役でも知られている名優ヒュー・ジャックマンが主演。

CGで描かれている場面も数多く、様々な伝説の生き物たちとの戦闘シーンも見ものです。



あらすじ

モンスター・ハンター、ヴァン・ヘルシングの宿命の闘いが今、幕を上げる!

時は19世紀。

バチカンの秘密結社の密命を受け、世界各国の怪物を退治しているモンスター・ハンター、ヴァン・ヘルシング。

彼の新たな使命は、世界征服を企むドラキュラ伯爵を倒すこと。

早速トランシルバニアに飛んだヴァン・ヘルシングは、長年にわたるドラキュラとの戦いの中で兄ヴェルカンをウルフマンに変えられ、その血脈が途絶えようとしているヴェレリアス一族の生き残り、アナ王女と協力して戦うことになる。

ドラキュラの花嫁たちが次々と人間を襲う中、二人はフランケンシュタイン博士が創り出した怪物に遭遇する。

そこには恐るべき秘密が隠されていた・・・・!

「X-MEN」シリーズのヒュー・ジャックマンが凄腕のヒーローに扮し、最新VFXで蘇った伝説の怪物たちと戦いを繰り広げるノンストップ・スペクタクル・アドベンチャー!



伝説の怪物たち

物語の敵役として登場するのは、伝説上の怪物。

主にヨーロッパで語り継がれている伝説を映像化しています。

ハーピー、ドラキュラ伯爵、ジキルとハイド、フランケンシュタイン、人魚・・・。

それに挑むモンスター・ハンター「ヴァン・ヘルシング」。

様々な人間模様の中で、怪物たちを退治する方法を模索します。

住人達からの聞き込みや、王家の話。

ドラキュラ伯爵の有名なエピソードなども満載しており、現実と伝説のはざまを描いた作品ともいえるかもしれませんね。

果たしてヴァン・ヘルシングは怪物たちから国を守ることができるのか!?

ヒーローものによくありそうな展開と言われたらそうなのですが・・・(笑)

 

圧巻の戦闘シーン

こうした映画の特徴と言えば、圧巻の戦闘シーンなんてものがあると思います。

この映画でもそれが見どころの一つ。

モンスター・ハンターが繰り出す様々な武器も楽しかったりします。

十字架を使ってみたり、ボウガンを使ってみたり、刃物を使ってみたり、銀の銃弾を使ってみたり。

中にはドラキュラの迷信を実際に試してみるなんて場面も。

利くかどうかは・・・映画を観てからのお楽しみ。

それにしても一つ言えることは、ヒュー・ジャックマンってかっこいいよね!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました