もうあんまり使わなくなったi-Pod(Apple)

もうあんまり使わなくなったi-Pod(Apple)

Pocket

i-Podを持っている

もう何年前になるかな。

私はi-Podを購入しました。

今はもう売ってないのかな?(笑)

これは音楽を聴くための携帯用音楽プレイヤー。

アイフォンでも知られるApple社の商品です。

当然ながら、音楽を聴くために購入。

携帯音楽プレイヤーというのが本来の役割なのですが、様々なアプリケーションも使えるというものになっています。

カメラで写真を撮ったりすることもできるんですよね。

まるでアイフォンのように・・・。

ただ、電話はできません(笑)

Bluetoothにも対応しており、無線でスピーカーにつないだり、ヘッドフォンにつないだりすることができます。

 

 

色はゴールド!!

本体の色もいくつか選ぶことができました。

その中から選んだのが・・・

ゴールドです!!

なんか成金っぽいかなと今となっては思います(笑)

アップルのロゴも描かれていて、これがアップル製品であることが一目でわかります。

まあ・・・ゴールドはちょっと失敗したかなとは思っています、はい。

最近出番は減ってしまいましたが、時折利用しているi-Podです。



ステレオミニジャック対応!

Bluetoothに対応しているi-Podですが、それだけではなくステレオミニジャックも備えています。

下部に端子が設けられており、挿すことができるようになっています。

向かって右側にある丸い穴がステレオミニジャック端子。

スピーカーを繋いでもいいですし、ここにイヤフォンやヘッドフォンを付けてもOK!

Bluetoothよりもこちらを利用することが多い私です。

ステレオミニプラグであれば物を選ばないというところも大きなポイントなので。

充電端子はアップルらしいライトニング端子。

これは賛否両論ありましたよね・・・。

 

音楽を入れるための専用アプリ

i-Podは音楽再生するための携帯機器となるわけですが、音楽を本体に入れなければならないということでもあります。

そのために専用アプリが用意されており、パソコンに音源を取り込んでから、i-Pod本体にデータを移行するという作業が必要となります。

これが地味に面倒くさい・・・。

先ほどのライトニング端子でパソコンと接続するわけなんですが、転送時間もそこそこかかります。

パソコンも使わなくてはならないというのが一つ面倒くさいポイントでもありますね。

今はダウンロードもできるかもしれませんが。



ケースも買った

i-Podには、スマートフォンのように「専用ケース」が販売されていました。

それも併せて購入して、本体が傷つかないような保護ケースとしても利用しています。

i-Pod用ケース。

特に液晶が傷つかい内容にという配慮もあります。

液晶割れるとショックですからね・・・。

昔デジカメの液晶が割れてしまった事があり、その時はショックだったなあ・・・。

修理に出そうと思って、カメラ屋さんに持っていったら「買った方が安いよ」と言われた苦い経験もありますorz

 

最近はスマホで事足りることも

最近ではスマートフォンで音楽をダウンロードして聞くなんてスタイルも定着してきました。

音楽再生機能が基本のi-Podの役割を、スマートフォンでもできてしまうという現状。

これでは中々i-Podを買おう!なんて思わなくなりましたよね。

値段もそんなに安いものではありませんし・・・。

当時2万くらいしたような気もします。

そもそも音楽どころか、今は映像まで含めて楽しむ時代。

こうした携帯音楽プレイヤー自体が、もう時代遅れの代物なのかもしれません。

それでもまだ、時々ですが、使っているi-Podなのでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です