湖池屋のポテトチップスのり塩を食らう!(湖池屋)

お菓子
Pocket

湖池屋のポテトチップスのり塩

お菓子は好きですか?

私は小さいころからお菓子が好きなのですが、子供の頃は中々買ってもらえなくて(-_-;)

おやつの時間もなかったことから、めったに食べられる品物ではありませんでしたorz

ちょっとした悲しい思い出もある、お菓子です(笑)

そんなお菓子ですが、今回は湖池屋のポテトチップスのお話!

お菓子といえばポテトチップス!というくらい有名なシリーズでもあります。

その中でものり塩味というのは定番中の定番でもありますよね~。

子供のころからある味の一つでもあります。



食らう!

久しぶりとなるポテトチップス、早速いただいていきましょう。

開封してみると、いつものポテトチップスが。

海苔の香りがふんわりしてくるのも、のり塩らしいところです。

久しぶりにちょっとテンションが上がり目( *´艸`)

ポテトチップスも色んなメーカーから販売されていますが、湖池屋のものはちょっと厚みがあり歯ごたえもしっかりしている。

そんな印象があります。

それ程厚切りというわけではないんですけどね。

食感がしっかりしているので、食べていても充実感があります。

これは他のメーカーにはない特徴かな~なんて思いますね~。

なんだか子供時代を思い出す、そんなお菓子でもあるのです。

ちょうどいい塩加減、そして海苔の風味。

そこがのり塩の特徴的なところでもあります。

いろんな味が出ているポテトチップスですが、やはりのり塩というのが一番好きかもしれません。

コンソメやうすしおも悪くはないんですが・・・。

のり塩には中々勝てないな、そんなことを思っています(笑)

これは千差万別、人により好きな味が違ってくるところだとも思いますが。



湖池屋は60周年!

時に今回のポテトチップス、今年で60周年を迎えていることをご存じですか?

1950年代、湖池屋の創業者「小池和夫」は、初めて口にしたポテトチップスのおいしさに感動し、これを多くの人に広めたいと決意します。

原料・製法・味付け、あっらゆる面で試行錯誤を重ね、ついに1962年、日本初の「ポテトチップスのり塩」が完成。

こうして日本のポテトチップス文化が始まりました。

1962年に日本で初めてポテトチップスのり塩が完成したそうで。

歴史も古く、もう60年も販売され続けているロングセラー商品となっているんですね~。

今となってはお菓子の代名詞的存在と言ってもいいくらいに成長したポテトチップス。

最初に目を付けたのは、やはり先見の明があったということなのかもしれません。

 

実はもらいもの(笑)

現実世界に話を戻しまして。

実は今回のポテトチップスは、頂き物です(笑)

ご近所さんから頂いたものになりまして、それを食べてみたわけです。

時折こうして物をもらうこともあるご近所づきあい。

もらうと今度は返さないと・・・と思ってしまったりもしますが、これもまた人間関係。

いつかチャンスがあれば、お返しをと思うところです。




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました