Amazonを名乗る「【重要】なお知らせ:お支払い方法変更のお願い」にご注意を

Amazonを名乗る「【重要】なお知らせ:お支払い方法変更のお願い」にご注意を

Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【重要】なお知らせ:お支払い方法変更のお願い」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは、メール本文です。

 

転記開始

件名:【重要】なお知らせ:お支払い方法変更のお願い

Amazonサインイン試行

メルアドレス、こんにちは。

弊社のモニタリングにより。普段と違う不審なログインが見つかり。誰かがお客様のいつもお使いになった支払方法を変更しようとしていたそうです

承認または否認してください(リンク)

平素は Amazon.co.jp をご利用いただき、誠にありがとうございます。。

お客さまの[アカウント設定]内で設定を調整(リンク)すると、受け取るメールをいつでも選択することができます。

ヘルプ・お問い合わせ (リンク)| セキュリティ(リンク) | アプリ(リンク)

  • 本メール内のお客様の漢字氏名が正しく表記されない場合がございます。ご了承ください。
  • 弊社からのメールを希望されない会員様へも重要なお知らせとしてお送りしております。
  • 本メールアドレスは送信専用となり、返信はお受けしておりません。

Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録してあるのは別のメールアドレスで、そのアドレスには本物のAmazonからメールが送られてきています。

どういうことでしょうかね。

そもそも登録をしていないのですから、どこでメールアドレスを入手したのか?

そんなことも気になってきます。

本物のAmazonだとしたら「どこでアドレスを入手したのか」聞いてみたいものです。

 

怪しいポイント② おかしな内容

怪しいポイントの2点目として、メールの本文に目を向けてみたいと思います。

本文ではこんな記述があります。

「誰かがお客様のいつもお使いになった支払方法を変更しようとしていたそうです」

していたそうですって(笑)

誰かに聞いてきたような物言いですね。

そもそもそうした推定の段階で、こうしてメールを送ってくることがあり得ません。

事実を確認し、確定した段階で連絡をしてくるのが普通でしょう。

本物のAmazonであれば、それもできるはずですからね。



怪しいポイント③ リンク先URLが本物と違う

怪しいポイントの3つ目として、本文に貼付されているリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に二つと同じものがありません。

どんなに本物を装っても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

そこで、今回のメールに貼付されていたリンク先URLと、本物のURLを比較してみることに。

すると見事に違っていることがわかりました。

これはもうかなり偽物臭がしてきまたね。

 

怪しいポイントまとめ

それでは、まとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信

2.メール本文の内容が断定ではなく推定になっている

3.リンク先URLが本物と違う

以上3点、どれをとっても本物らしからぬものでした。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です