ぺいぺい株式会社を名乗る「PayPay関するお知らせ」にご注意を

ぺいぺいメール 注意喚起

ぺいぺい株式会社を名乗る不審なメールが出回っています

今回はぺいぺい株式会社を名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させていただきます。

件名は「PayPay関するお知らせ」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それでは早速メール本文を見ていきましょう。

ぺいぺいメール

転記開始

件名:PayPay関するお知らせ

PayPayより

 

アカウントには複数のリモートログイン操作レコードがあり、システムはこのアカウントが盗まれた疑いがあります。このアカウントは現在ブロックされています。システムは近い将来このアカウントを削除し、違反記録を司法当局に提出します。

アカウントのロックを解除するには、アカウント情報を時間内に送信してください。

PayPay検証関連情報 (リンク)

 

 

※お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでこさいます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。 。

※配信元情報 PayPay株式会社 東京都港区虎ノ門4−1−1 神谷町トラストタワー

転記終了



怪しいポイント① PayPayのサービスを利用していない

ここからはこのメールの怪しいポイントをみていきたいと思います。

まず第一に、私はPayPayのサービスを利用していません。

利用していないサービスからこうしてメールが送られてきているんですよね。

これはこれで怪しい話。

利用していないのですから、メールが送られてくるいわれがありません。

営業メールであればまだ分かりますが、内容を見てみるとそんなメールでもありません。

明らかに怪しいですね。

サービスを利用していないということは、利用登録をしたことがないということ。

利用登録をしたことがないということは、メールアドレスの登録もしたことがありません。

ではなぜ先方はメールアドレスを知っているのか?

そんなことも疑問に思うと共に、怪しく感じるポイントです。

そもそも教えたことがないメールアドレスを知っているということは、本人が承知していない方法でメールアドレスを取得しているということになります。

そんな方法でメールアドレスを取得しているということになれば、炎上案件だと思いますが・・・。

最初の怪しいポイントは、こうした内容となりました。

 

怪しいポイント② メールの送信主のメールアドレスが自分のアドレスになっている

怪しいポイントの2点目として、メールの送り主のメールアドレスを見てみたいと思います。

今回のメール、メールの送り主のメールアドレスが自分のメールアドレスとなっていました。

そんなことある?(笑)

全く同じメールアドレスとなっており、ペイペイほどの大手サービスがそんなメールアドレスを使うはずがありません。

もうね、これ相当怪しいですよ。

自分のアドレスをあらわにすることができずに、隠しているんですからね。

普通の企業ならこんなことは絶対にしません。

やましいことがあるので、自分のアドレスを出せない。

そういわれても仕方ありませんよね。

そもそも自分で自分にメールを送るなんてことはあり得ません。

あったとしても自分で送っているわけですから普通は内容も承知しているはず。

今までいろんなフィッシングメールを見てきましたが、相当レベルが低めのフィッシングメールと言えそうですね。

怪しいポイントの2点目は、送信主のメールアドレスが自分のアドレスということになりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3点目として、メール本文に貼付されていたリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、サイトのURLまでコピーすることはできないんですよね。

これはインターネットのルールであり、全世界共通です。

そこで、この仕様を利用して、メールに貼付されていたリンク先URLが公式サイトかどうかを確認してみたいと思います。

公式サイトであれば、公式サイトのURLの文字列が入っているでしょうからね。

2つのURLを比較してみたところ、これらが全く違っていることが判明!

これはもう決定的なポイントになりました。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りたいと思います。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.利用していないサービスからのメールだった

2.送信主のメールアドレスが自分のアドレスだった

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても怪しいポイントになっていましたね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。

 

公式サイトでの注意喚起

PayPay公式サイトでは、フィッシングメールに関する注意喚起などがされています。

併せてご覧くださいm(_ _)m



コメント