Amazonを名乗る「【最終警告】Amazon からの緊急のご連絡」にご注意を

Amazonを名乗る「【最終警告】Amazon からの緊急のご連絡」にご注意を

Pocket

Amazonを名乗る不審なメールが出回っています

今回はAmazonを名乗る不審なメールを受信しましたので、公開させて頂きます。

件名は「【最終警告】Amazon からの緊急のご連絡」となっていました。

どんなメールだったのか、ご覧ください<m(__)m>

 

メール本文

それではメール本文です。

転記開始

件名:【最終警告】Amazon からの緊急のご連絡

あなたのアカウントは停止されました

新しいデバイスからアカウントサービスへのサインインが検出されました。

誰かがあなたのAmazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。それ以外の場合、あなたのアカウントは永久ロック。

確認用アカウント(リンク)

© 2021 Amazon.com(リンク), Inc. or its affiliates. All rights reserved. Amazon, Amazon.co.jp(リンク), Amazon Prime, Prime およびAmazon.co.jp(リンク) のロゴは Amazon.com(リンク) , Inc.またはその関連会社の商標です。 Amazon.com(リンク), 410 Terry Avenue N., Seattle, WA 98109-5210

転記終了



怪しいポイント① 登録していないメールアドレスで受信

ここからはこのメールの怪しいポイントを見ていきたいと思います。

まず第一に、今回受信したメールアドレスはAmazonに登録していないメールアドレスです。

登録していないメールアドレスにこうしてメールが送られてくるのはおかしいですよね。

しかもこの間登録しているメールアドレスには本物のAmazonからメールが送られてきています。

さて、どういうことでしょうか?

登録をしていないアドレスに送ってくる、これはどうやってメールアドレスを知って送ってきているんでしょうね?

そんなところも疑問に思いますし、気持ち悪いです。

 

怪しいポイント② メールの内容が嘘

怪しいポイントの2点目として、メール本文に注目してみたいと思います。

メール本文にはこんな記載があります。

「セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。」

不正アクセスを検知したそうで、アカウントがロックされたらしいです。

これが事実だとしたら、大変なことですね~。

事実確認をしようと思い、Amazonにログインしてみました。

普通にログインできますし、機能が制限されているような様子もありません。

何日かおいても状況は同じ。

なんだ、メール嘘じゃん。

これが怪しいポイントの2点目となりました。



怪しいポイント③ リンク先URLが公式サイトのURLと違う

怪しいポイントの3つ目として、メール本文に貼付されているリンク先URLに注目してみたいと思います。

サイトのURLというのは、世界に2つと同じものがありません。

どんなに本物を装ったとしても、URLまでコピーすることはできないんですよね。

そこでメールに貼付されていたリンク先URLと、Amazon公式のURLを比べてみることに。

するとこれが全く違うことが判明!

これはもう偽物と断じてしまってもいいくらいですね。

 

怪しいポイントまとめ

それではまとめに入りましょう。

今回の怪しいポイントは3つありました。

1.登録していないメールアドレスで受信した

2.メールに書かれていることが嘘

3.リンク先URLが公式サイトのURLと違った

以上3点、どれをとっても本物ではないと思わせるに十分な内容となっていますね。

 

リンクはクリック(タップ)しない!!

この手のメールは、リンク先URLに誘導してそこで個人情報などを抜き取ることを目的としています。

故に、リンクをクリック(タップ)しないことで自己防衛ができるんですよね。

身に覚えのないメール、怪しいと思ったメールのリンクはクリック(タップ)しない!!

これを徹底したいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です