道の駅童謡の里おおとね(埼玉県加須市)

道の駅童謡の里おおとね(埼玉県加須市)

Pocket

道の駅童謡の里おおとね

今回は道の駅のお話。

埼玉県加須市にある道の駅「童謡の里おおとね」というところに行ってみました~!

ここでは、農産物直売所のような施設がありまして、地場産野菜の販売などが行われています。

店内はそれほど広くはありませんが、様々なものが販売されていました。

野菜をはじめ、惣菜なんかもありちょっと小腹を満たすような用途でも利用できます。

 

屋外でも特設販売!

建物内でも販売されているのですが、屋外でも販売が行われています。

テントを張ってそこで販売している感じでした。

こちらは物販ではなく包丁研ぎ。

中々こうしたものはないので、地元の人にとって見たら便利かもしれませんね。

道の駅という都合上、観光の方は利用しないと思いますが(笑)

車に包丁積んで出かけるなんてことはあんまりないですもんね。

 

こちらはまだ準備中なのか、箱が並んでいましたね。

おそらくこれからテント内に展開して販売を始めるものだと思われます。

何というか、タイミングが悪かったのかもしれません(笑)

こうした販売品もある道の駅です。



休憩スペース

道の駅と言えば、一般道に設置されているパーキングエリアのような存在。

運転中に疲れたらちょっと寄って休憩しましょう!なんてことでも利用されていると思います。

そうしたこともあってか、休憩スペースも設置されていました。

ベンチなどが設置されており、ここで休憩を取ることもできるようになっています。

その一角には自動販売機の設置も。

これはありがたいものですね。

それ以外にも自動販売機は設置されており、何台か設置されています。

結構な量の自動販売機ですね(笑)

 

ステージ的なものがある

また、この道の駅の特徴として、ステージのようなものが設置されています。

この日は何も行われていませんでしたが、ここでイベントなんかをやったりすることもあるんでしょうね。

最近のコロナ禍ではちょっと難しいのかもしれませんけど・・・。

 

トイレも!

他に需要が高いものと言えば、トイレ!

これもまた用意されており、無料で利用することができます。

運転しているとトイレに行きたくなることもしばしば。

何気に助かる施設の一つです。

この日もトイレを利用させていただきましたm(_ _)m



敷地内にはうどん屋さんが出店!

道の駅の敷地内では、うどん屋さんも出店されていました。

お腹がすいたらこちらでご飯!なんて需要にも対応しています。

外から見える形で、職人さんがうどんを打っている姿を見ることができました。

こうして作っているところを見ることができるのも、楽しいポイントです。

今回は食べませんでしたが、今度機会があれば食べてみたいものですね。

手打ちうどん!

 

周辺施設マップも設置

敷地内を見ていると、周辺施設マップなんてものも設置されていました。

道の駅童謡の里おおとねを中心に、周辺施設にどんなものがあるのかを紹介しています。

さしずめ観光案内と言ったところでしょうかね。

結構いろんな施設があるようで、遊べるところも色々。

食事処なども案内されていました。

 

童謡の里

童謡の里と謳っていることもあり、童謡を作られた方の銅像も設置されています。

私は存じ上げないのですが・・・その道では有名な方のようです。

童謡好きの方であれば、楽しめる施設になっているかもしれませんね。

 

公衆電話!

最近めっきり見かけなくなりましたが、公衆電話の設置も。

どこか懐かしさを感じますね。

もう私も何年も使っていない気がします。

そもそも携帯電話を持っていれば使わないものですからね。

もうその役目を終えていると言っても過言ではないかもしれません。

そうしたこともあって随分と姿を消したものの一つだななんて感じています。

 

無料駐車場完備!

道の駅ということで、駐車場は無料開放されています。

大型車専用スペース。

普通車も停められていますが、ここは大型車両用の駐車場なので停めたらだめだと思います・・・(-_-;)

普通車は普通車用に別途駐車場が設けられています。

これだけそろっていれば、利用もしやすいというものです。

 

施設情報

施設名:道の駅童謡の里おおとね

所在地:埼玉県加須市佐波258-1

定休日:第1/第3水曜日、年始(1月1日~1月4日)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です